中国のワイン

中国のワイン

上海でワイン売り場を色々と見てみました。

伊勢丹などの百貨店や、oleなどのいわゆる高級スーパーには中国産のワインは一切置かれていません。
レストランなどはワインを置いてあるお店と置いてないお店がありますが、中国ワインは少なめです。

それよりは、フランス、オーストラリア、チリあたりのワインが多い印象。

いろんな方に聞いてみましたが「中国ワイン?うちはそんなもの扱わないわ」とフランスワインなどを置くことにプライドを持っている様子の店員さんが多かったです。

若者はワインよりビール派が多かったです。セレブ層はまた違うかもしれませんが、

ワインもビールも苦いから苦手、という層も多いのも日本と似てる気がします。

いっぽう、中国産のワインが比較的手に入りやすいのがコンビニや市内の大衆的な酒店。

1本50元(750円)前後から購入可能。
ファミリーマートには必ずありました。

dynasty 王朝

 

タンニンはしっかりしてるけど、酸味が弱くあま。バランスはよくない。冷やして飲んだ方が美味しい感じのテーブルワインといった印象。
ただ、1000円ちょうどくらいという値段を考えると別に悪くないかも

品種
赤霞珠
カベルネ・ソーヴィニヨン
美乐 メルロー
果香浓郁、酒香优雅.醇厚和谐
果実の香りは強く、お酒の香りはすばらしく、^_^厚みがあり調和が取れている

と自画自賛?がすごいけど、
英語のIight and frutyの表現の方が合ってる印象。天津市で取れた葡萄を使ってるようです。天津市っていうと大規模な爆発事故による汚染事件があった記憶があるけど大丈夫なのか。。。とちょっと頭を過りましたがどうなんでしょうか。

changyu/張裕

赤霞珠:カベルネ・ソーヴィニヨン
口感柔和、舒顺 结构完成 典型性好
柔らかく、スムーズで典型的なおいしさ
みたいな感じの意味だと思うんですが、
こちらは香りは結構果実味しっかりしてていいんですが飲んでみるとタンニンが弱すぎて貧弱で見掛け倒しな印象が。。。

great wall 産地 河北省 長城ワインの名前で売られています。
エアチャイナの機内やラウンジでで飲んだ記憶があるワイン。日本だと宝酒造が扱ってるみたいです。

まろやかな酸味で飲みやすい。余韻は短いけれどするする飲めるタイプ、ブラッククイーンのような野性味ある香りもあり。

これが一番好みかなあ。

中国ワインの品種の表記、そして、そして味の表現も面白いです。

日本人のワインメーカーさんはもっと控えめに書きますよね。

あとは、上海浦東空港の免税店にもありました。

これもカベルネですね。
1本3500円くらいのものを買ってみて、日本でブラインドで出してみたのですが

「意外と美味しい」
「え、これカベルネ?ピノ・ノワールかと思った!」(薄いという意味で)
「普通に飲める」

などの意見が多かったです。
日本ワインを飲ませても同じ感想が出てきそうですね。

日本のワインも、中国のワインも10年後飲んだら今よりもっともっと美味しくなってるでしょう。楽しみです。

日本で試せるものもけっこうあるんですよね。長城ワインは宝酒造が扱ってる様子。

この記事を書いた人

ソムリエノート
ソムリエノート
ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。
No tags for this post.
ABOUT ME
ソムリエノート
ソムリエノート
ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます! 現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。