第4回 浴衣でシャンパーニュ☆

震災がきっかけとなったイベント

そもそも「浴衣でシャンパーニュ☆」がはじまったきっかけは、あの震災でした。
毎年、麻布十番納涼祭(いわゆる十番祭りです)に浴衣で行きつけのお店を巡り、シャンパーニュを飲むのを楽しみにしていたのですが、2011年は震災の影響でお祭りが自粛されてしまいました。

やっぱり夏は浴衣でシャンパーニュを楽しみたい!
unnamed-3
その思いから、「浴衣でシャンパーニュ☆」というイベントを企画しました。

年々大規模に

翌年には麻布十番納涼祭は復活したのですが、第一回目のイベントに参加した皆様からのラブコールを受け、いまにいたるまで第一土曜日の夜に浴衣でシャンパーニュ☆を開催させていただいています。
おかげさまで参加者も当初は20人程度でしたが、いまでは50人を超えるまでに。
すっかり夏の風物詩(?)として定着したような感もあります。

今回の会場は、前回同様、ボンルパ麻布十番店の2階にある「わいん家」。
ボンルパは(株)徳岡が経営するワインショップ。
インポーターさん直営なので、リーズナブルにワインや輸入食材を楽しむことができます。

参加者の男女比は?

今回の参加者50人強は男女比でいえば3:7ぐらい。
そのうち男性の6割、女性の8割程度の方が浴衣をお召しなので、会場は本当に華やかです。
unnamed-4

どんなシャンパーニュが出てくるの?

unnamed-2
シャンパーニュはお店の方が厳選してくださった8種類。
・カーラン ブリュット(ピノ・ムニエ50%、ピノ・ノワール30%、シャルドネ20%)
・キャティア ブリュット アンティーク プルミエ・クリュ(ピノ・ムニエ40%、ピノ・ノワール35%、シャルドネ25%)
・キャティア ブラン・ド・ブラン ブリュット(シャルドネ100%)
・キャティア ブラン・ド ・ノワール(ピノ・ノワール70%、ピノ・ムニエ30%)
・デュメニル ロゼ ブリュット ヴィエイユ・ヴィーユ(ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネを1/3ずつ)
・アンリ・グートルブ キュヴェ・プレスティージ(ピノ・ノワール75%、シャルドネ25%)
・キャティア グラムール(ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネを1/3ずつ)
・キャティア グラムール ロゼ(ピノ・ムニエ60%、ピノ・ノワール30%、シャルドネ10%)

シャンパーニュのテイスティングコメント

それぞれのシャンパーニュのテイスティングコメントをと思ったのですが、主催者のためあまり飲む余裕がなく、私がいただいたのは3種類だけ。
それぞれの印象ですが、カーランは青りんごのような爽やかな印象。スタートにぴったりです。デュメニルのロゼは平均樹齢30年の古木からとれたブドウを使用しているだけあり、赤系ベリーの華やかさにふくよかさと奥行きが感じられます。アンリ・グートルブのキュヴェ・プレスティージはピノ・ノワール主体ですが骨太過ぎず、でもコクがあり、そこにシャルドネから来る柑橘系の皮の苦味が加わったさすがの美味しさでした(ここまで書いて、キャティアを飲んでないことに気づきました。残念)

参加者の感想やお料理は?

ちなみに参加された方たちからは「個性豊かなシャンパーニュを比較しながら飲むことができとてもよかった」との感想をいただいています。

お料理はパスタなどのイタリアンを中心に、直輸入のチーズやハムなどボリューム満点!
昨年大好評だったのが「テット・ド・モワンヌ」というチーズ。
なので、今年はリクエストして出してもらいました。
ジロールという器具を使ってフリル状に削っていくのが楽しく、今年も皆様くるくると削っていらっしゃいました。

シャンパーニュに詳しくなくても大丈夫?

unnamed-6
この会のテーマはとにかく楽しむこと。
浴衣というちょっとだけ日常から離れた装いで、美味しいシャンパーニュとお料理を心ゆくまで楽しみ、集まった仲間と触れ合いながら素敵な時間を共有していただくことが目的です。
今回もアットホームな雰囲気の中、初対面の人たちもすぐに打ち解けて、あちらこちらで笑顔が思いっきりはじけていました。

会の終盤にはじゃんけん大会も。
見事、一位に輝いた方にはアンリ・グートルブのシャンパーニュがプレゼントされました。

2時間半はあっという間に過ぎ、締めくくりは甘口のロゼシャンパーニュ。

一人頭一本分用意したシャンパーニュは、見事キレイにあいたのでした。

二次会も

この後は意気投合して二次会に流れるグループもあり…。
それぞれの夏の夜を楽しまれたみたいです。
unnamed-7
ちなみに私は自宅に戻り、お手伝いいただいたメンバー+αでお疲れ様会。
シャンパーニュと差し入れでいただいた獺祭スパークリングで、夜が更けるまで楽しい時間を過ごしました。

「浴衣でシャンパーニュ☆」は、来年ももちろん第一土曜日の夜に開催いたします。
場所などは時とともに変わるかもしれませんが、できる限り長く続けていきたいです。

仲間と一緒に浴衣で飲むシャンパーニュは最高に素晴らしい!
この喜びを、これからもたくさんの方と分かち合い、広げていきたいと思います。

この記事を書いた人

小山 久美子
小山 久美子
料理研究家
イタリアソムリエ協会認定ソムリエ
JSA認定ワインエキスパート
CPA認定チーズプロフェッショナル
サーブルドール騎士団 サブラー
南麻布の自宅でイタリア料理とワインの教室を主宰する他、アカデミー・デュ・ヴァンの講師としても活躍中。シャンパーニュとイタリアワインの追及で他の地域のワインを飲むゆとりがないのが悩み。日々、料理とワインのマリアージュを研究しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

小山 久美子

小山 久美子

料理研究家
イタリアソムリエ協会認定ソムリエ
JSA認定ワインエキスパート
CPA認定チーズプロフェッショナル
サーブルドール騎士団 サブラー
南麻布の自宅でイタリア料理とワインの教室を主宰する他、アカデミー・デュ・ヴァンの講師としても活躍中。シャンパーニュとイタリアワインの追及で他の地域のワインを飲むゆとりがないのが悩み。日々、料理とワインのマリアージュを研究しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る