クリスマスにも年末年始にも!ワインと料理のレシピ その1

  • クリスマスにも年末年始にも!ワインと料理のレシピ その1 はコメントを受け付けていません。

クリスマスディナーや年末年始のご馳走にもぴったりな、お料理とワインの組み合わせをご紹介します!

●牡蠣のベーコン巻とイワシのパン粉焼き × シチリアの辛口白ワイン

 

image009

●ワイン:エトナ・ビアンコ 産地:イタリア/シチリア 品種:カリカンテ、カタラット

●レシピ

■材料

牡蠣(生食用)8個、ベーコンスライス8枚、イワシフィレ4枚

パン粉適量、卵2個、小麦粉適量、塩胡椒少々、粉チーズ適量

オリーブオイル適量、有塩バター40g、パセリ適量(レモン、ベビーリーフお好みで)

1. イワシに塩胡椒をして串を刺す、牡蠣はベーコンで巻く。

※ベーコンに塩気があるので牡蠣は味付けしない!!

イワシベーコン1イワシベーコン2

2. 小麦粉、溶き卵にくぐらせ、パン粉を付ける。※パン粉に粉チーズを混ぜておく!!

3. 熱したオリーブオイルで揚げ焼きにする。

揚げ焼き1揚げ焼き2

4.パセリの微塵切りで溶かしバターソースを作る。

5.皿に盛りつけて、バターソースをかける。※レモン、ベビーリーフはお好みで。

【ワインとの相性】

エトナビアンコ

白い花のようなアロマがあり、シチリア特有のミネラル感が塩気のある

味わいとベーコンの旨みに良く合います。

キリッとしたビターな後味も口中をスッキリさせてくれます。

●色どり魚介のマリネ × 五島列島のキャンベルアーリー

image089

 

●ワイン:五島ワイン・キャンベルアーリー・スパークリング 産地:日本/長崎・五島列島 品種:キャンベルアーリー゛

●レシピ

■材料(1皿分)

赤海老4尾、サーモン8切れ、生牡蠣6個、タコ8切れ、ベビーリーフ、チャイブ、ピンクペッパー適量

マリネ液:白ワインビネガー30ml、オリーブオイル60ml、砂糖15g、塩胡椒適量(味をみて)

1. マリネ液を作っておく。

2. 魚介類を綺麗に洗い、水気を拭きとりマリネ液で軽く和える。※色が変わるので付け込まない!!

3. 皿にも彩りよく盛り付けて、香草やスパイス類を飾り付けて完成。

 

【ワインとの相性】

キャンベルアーリーのチャーミングな甘味のある、やや辛口が魚介類の甘みと旨みに良く合います。

辛さで断ち切らない所が素材の味わいを膨らませてくれる1本です。
アーリー

●ほったらかし鶏ハム × ドイツの辛口ヴァイスブルグンダー(ピノブラン)

●ワイン:ヴァインホフ・ショイ・ヴァイスブルグンダー・トロッケン 産地:ドイツ/ファルツ 品種:ヴァイスブルグンダー(ピノブラン)

ソーセージ1
●レシピ

■材料(1皿分)

鶏胸肉大き目1枚、ハーブ(今回はセージを使用)適量、砂糖小さじ2、塩こさじ1、黒胡椒適量、(あればピンクペッパー)

ソース:卵黄1個、ニンニク(チューブ約1cm)、塩胡椒適量、バジルソース(市販)適量

1. 鶏胸肉を開いて均等に広げる。

2. 巻き込む側に砂糖、塩、黒胡椒の順番ですり込む。

3. セージ(お好みで他のハーブでも可)を適当に並べる。※ピンクペッパーは無くてもOK!!

4. ラップのままキャンディ状に包み込み、形を整えて両端を結ぶ。

ソーセージ3ソーセージ4

5. ジップロックに鶏肉を入れたら、沸騰させておいた湯に入れる。

6. 火を止めて、蓋をする。

7. あとは冷めるまで放置する!!※予熱が逃げるので途中で蓋を開けない!!

8. 完全に冷めたら、ラップから取り出す。

9. 適当に切り分けて皿に盛り付ける。

ソーセージ5ソーセージ6

ソーセージ7

※ニンニクと塩胡椒を合わせた卵黄ソースとバジルソースを飾り付けて完成。

※お好みでパンや野菜を添えてもOK!!

【ワインとの相性】

ソーセージ2

白桃のような瑞々しい果実味のあるピノブランが、鶏肉の甘みを引き立ててくれます。

また優しい口当たりの辛さがハーブやスパイスの刺激を穏やかにしてくれます。

ニンニク風味の卵黄ソースと絡めると味に奥行きが出ます。

このサイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この記事を書いた人

久保井 剛
久保井 剛
ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

久保井 剛

久保井 剛

ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る