長崎県の五島ワイナリー

長崎初の島ワイン「五島ワイン」と五島の食レポ

シニアソムリエ 久保井 剛

長崎県内初の本格的なワイナリーが2014年の4月23日に五島列島(下五島)の五島コンカナ王国内にオープンしました。

五島で栽培して育った原料ブドウを用いて、離島で醸造される「島ワイン」としては国内では北海道・奥尻島についで2例目のワイナリーです。

五島ワイナリー

基本のブドウ品種には、「キャンベル・アーリー」「マスカット・ベリーA」「ナイアガラ」という国産品種が主体ですが、現在「シャルドネ」「シラー」「プティヴェルド」などヨーロッパ系の品種も栽培して、五島列島の温暖気候に何が合うのか?も試しているようです。

島ワイナリー

私も昨年初めて訪れてから、非常に気になる国内ワイナリーとして陰ながら応援しています。五島ワイナリーさん竣工の4月23日が、私の誕生日と同じという事も何かの縁を感じます。
昨年11月20日のボージョレ・ヌーヴォーの解禁日と同じ日に「キャンベル・アー
リー」が初リリースされたのですが、待ち切れずに完成間近の忙しい最中、初見学に行きました。
初年度と言う事もあり、醸造に戸惑う点もあったようですが、スタッフの皆さん全員が情熱を持ってワイン造りに励んでいました。商品として完成していない状態で醸造タンクからテイスティングさせてもらった瞬間、「綺麗な酸味を感じる心地良い味わい」以前は山梨など醸造所に収穫したブドウを送り、どちらかというと国産ワインにありがちな甘口タイプだと聞いていたのですが、以外にも五島での初リリースワインは辛口でした。
甘く飲みやすく造れば、飲みなれない素人さんには受けるでしょうが、あえて辛口で勝負する所に本気さを感じますネ。

あれから約10ヶ月後の先日、今年の出来栄えを見に五島ワイナリーさんへ再訪問しました。
醸造長の北川さんはチャレンジ精神旺盛な方で、今年は一部をアメリカンオーク(アメリカ産の木樽)で熟成させるという新たな取り組みを行っておられました。
テイスティング前に栽培ブドウの畑も見学!!
作付年度により区画された、それぞれのブドウ樹と土壌を細かく説明して頂き、収穫前のブドウも試食させてもらいました。
長崎3

長崎4

畑は温暖だが、島特有の潮風の恩恵を受けており、土壌にミネラル分が多い事も想像がつきます。
また、標高315メートルある五島の鬼岳(おんだけ)は、その昔火山として活動していた福江火山群に分類されています。
その為、土壌も火山灰質で水はけも良く、今後数年ブドウ樹がしっかり根付いていけば、素晴らしいワインが期待できます。
島ワイナリー
今はまだ植えたばかりで、若いシャルドネもすくすく育っているようです!!

シャルドネ

後編に続きます!

この記事を書いた人

久保井 剛
久保井 剛
ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

久保井 剛

久保井 剛

ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る