ドメーヌ ロジェ ペラン CUVEE ?(キュヴェ?)

自分の好きなワインは皆さんどれくらい覚えていますか?

葵

味わいや香り、年代にエチケット。

ワイン自身を覚えてる場合と

飲んだ時間や飲んだ場所。飲んだ相手とのシチュエーションを覚えているケースもあるかと思います。

しかし、ずっと覚えているワインはそう多くはないでしょう。僕自身も数少ないですが、覚えているワインがあります。

今回はその中の1つを紹介します。今回は味わいや香りはもちろんですが、エチケットとその由来からインパクトがあり覚えているワインです。

ドメーヌ ロジェ ペラン CUVEE? (キュヴェ?)

ワイン写真

このワインのエチケットはとてもシンプルですが、クエッションマークが大きく描かれていてインパクトが強いです。

僕はこのワインを見た瞬間に興味を惹かれ、このワインの事を知りたい、飲んでみたいと思いました。

そう最初に思わせてくれたのは、間違いなくエチケットのインパクトのおかげでした。

先ずは ドメーヌ ロジェ ペランについて

100年以上前から家族でワイン造りを続けており、1969年にロジェ・ペランによって正式なドメーヌが設立された。その後、ボーカステルで修行をしていた息子のリュック・ペランが1986年に後を継ぎ、ワインに対する情熱と優れた技術で、ロバート・パーカーにも高く評価されている。

妻マガリは当主である夫リュックをこう讃える。「彼以上に土地と葡萄に対して情熱的な人を見たことがない。お客様に喜んでいただくために、葡萄栽培から醸造において常に探究心を持っている。そんな彼の姿を見て惚れたのよ!」と夫婦の仲の良さも垣間みることが出来る。

ドメーヌ ロジェ ペランは代々受け継がれる家族の愛と歴史が詰まったワインですね。

CUVEE?の醸造、香りや味わい

free-resources-wine-photos-03

葡萄を除梗し、品種ごとにタンクに分け、定温マセラシオンを10〜15日間行う。その後、25〜30℃で温度調整して発酵させる。マロラクティック発酵は約30日間行われる。シャトー・ヌフ・デュ・パプの一年使用樽を用いて14ヶ月熟成させる。
フルーティーな味わいとともに、熟成にも耐えるタンニンの骨格を持ったヴァン・ド・ペイを作るのを目的に生み出された。黒スグリなどのフルーティーな香りと黒胡椒やバニラの香りで、エレガントでボリュームもあり、ラム肉、赤味の肉のグリルなどとの相性が良い、
との事です。

僕の印象はバブリシャスガムを思わせるグレープの香りのような果実味溢れるフルーティーな香り。
味わいは丸みのあるボリューム感、心地良いタンニンから優しく舌を包み込んでくれる甘さがあります。

エチケットの由来について

“CUVEE ?”というネーミングが面白いんです。
。メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンの葡萄品種を言い当てる人はいたが、もう一つの品種を言い当てる人が誰もいなかったため“CUVEE ?”と名付けられた。そのもう1つの品種がエジオドーラと言われる品種です。エジオドーラとは、フランスで1978年に品種登録された、フェール・サルヴァドゥとアブリュウを掛け合わせて作られた南西地方の品種である。

このエチケットの由来が僕にとってはとても魅力的です。

そして、この誰も当てられなかったと言われる品種エジオドーラ。
このエジオドーラがメルローと手を取り合い、カベルネソーヴィニヨンを包み込み、ロジェペランの今の愛の形としてこのCUVEE ?になったのかなと思います。

僕の好きなワインの1つです。

ドメーヌ ロジェ ペラン CUVEE ?

この記事を書いた人

七咲葵
七咲葵
平成23年にJSA認定ソムリエ資格取得

赤はピノ、白はシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、特に南アフリカの白が大好 きです。


いろんなワインを飲み歩いたり、試飲会などにも積極的に参加しています。
勉強がてら呑みすぎて酔ってしまうことも多々あります。笑

現在はホストクラブ SMAPPA!HANS AXEL VON FERSEN(スマッパ ハンス アク セル フォン フェルセン)に勤務しております。

まだまだソムリエとして勉強中ですがソムリエノートを通して日々精進していき ます!

SMAPPA!HANSAXEL VON FERSEN
No tags for this post.

この記事の著者

七咲葵

七咲葵

平成23年にJSA認定ソムリエ資格取得

赤はピノ、白はシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、特に南アフリカの白が大好 きです。

いろんなワインを飲み歩いたり、試飲会などにも積極的に参加しています。
勉強がてら呑みすぎて酔ってしまうことも多々あります。笑

現在はホストクラブ SMAPPA!HANS AXEL VON FERSEN(スマッパ ハンス アク セル フォン フェルセン)に勤務しております。

まだまだソムリエとして勉強中ですがソムリエノートを通して日々精進していき ます!

SMAPPA!HANSAXEL VON FERSEN

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る