うなぎとシェリー

ソムリエノートをご覧の皆様、こんにちは!
鰻が大好きな神谷です。ワインを置いてある鰻屋さんはたまにありますけど、状態のいいシェリーを置いてある鰻屋さんって・・・・思い当たらなくて(もしご存知のかたいらっしゃいましたら是非教えて下さい!)、でも美味しい鰻と美味しいシェリーを合わせてみたくて、大先生方と一緒に、近所の下町の鰻屋さんにシェリーを持ち込ませてもらい、検証しました。
鰻屋さんは、ふわふわの鰻が絶品の本所吾妻橋の老舗、鰻禅。
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13058979/
おつまみが充実している酒飲みに嬉しいタイプの鰻屋さんではなく、鰻重と白焼きのみのシンプルなメニューの鰻屋さんなんですけど、うざくやうまきなど沢山あってもキリがないのでそれはまた次回ということで、今回はシンプルに鰻重と白焼きのみの相性を試すことに。
シェリーは辛口基本の四種類。(値段や熟成年数等にばらつきがあり完全に平等な比較ではないけど、急だったのでそこはご勘弁を^^;)
●マンサニージャ
DSC_0818
●フィノ
DSC_0819

●アモンティリャード

DSC_0816

●オロロソ

DSC_0815

いやあ熟成アモンやっぱ美味しいねぇ〜・・・って、いかんいかん。さて検証検証。
先ほど申し上げたように、基本的に鰻禅におつまみはないんですけど、鰻を待っている間にお酒を注文するとおまけでちょこっと肴を出してくれるんですよね。(持ち込みだけじゃ悪いので、乾杯でビール何本か頼みました。←単に飲みたいだけかも?笑)
というわけで、まずはおまけの肴の、ひれ巻き。

DSC_0814

想像通り、これはオロロソがバッチリですね!ひれ巻きとオロロソ、とってもよく合います。美味しいです。アモンも別に悪くはないのでは?と思って試してみたけど、タレが甘めだからでしょうか、アモンはいまいちでした。
写真に撮り忘れちゃいましたが、この時に一緒に来た山椒味噌もシェリー4種と合わせてみました。山椒味噌もオロロソがすごく合う!アモンは普通。思いっきり合わなかったのがマンサでした(>_<)酸が浮いてアフターがエグく苦く感じて非常にダメでした。。。フィノも、マンサほどダメではないけど、やっぱりいまいち。。。さてここで裏ワザ(!?)、それぞれのシェリーをベネンシアールしたらどうでしょうか・・・!?
鰻禅でベネンシアールしてくださったのは、2006年最優秀ベネンシアドールの馬場祐治先生。(こんなのきっと鰻禅初のはず^^;)
それを温かい笑顔で見守る、ワインといえばの遠藤誠先生も素敵。貴重な写真かも。笑

DSC_0828

ベネンシアール、ざっくり言えばデカンタージュの激しい版ってことですよね・・・!?うっかりヤワなワインでやると完全にスッポ抜けちゃったりするけど、果たして・・・!?
随分シェリーが丸くなったぶん、さっきよりはマンサとフィノが、山椒味噌と喧嘩しなくなりました。・・・うーん、まあでも、あくまで個性を弱めただけというかなんというか、やっぱりひれ巻きや山椒味噌に合うのは断然オロロソでしたね。うん。
さて、来ました白焼き!

DSC_0826

まずは、わさびとお醤油で。
ふわっと、そしてねっとりとしていて、とても美味しいですーーー(*´д`*)
ねっとりしているけど、蒲焼きと比べたらまだサッパリしているので、無色のフィノやマンサも何とか行けるかなと思ったら・・・ベネンシアールしていないフィノとマンサは全然合わない。。。なんかそ完全にっぽ向いちゃってる感じ。。。(>_<)
有色のシェリーも不味くはないけどちょっとキツく感じたので、ゆっくりめにベネンシアールしたものを合わせてみたら・・・おお!イケる♪
わさびや醤油の量でも違うかも。
多めにつけるとアモン寄り、少なめならフィノ寄りですね。
【白焼きにわさび醤油】
●遠藤先生→ベネンシアール有りのアモンが一番良い
●馬場先生→ベネンシアール有りのフィノが一番良い
(「でもやっぱりビールが一番いいな♪」と、こっそり仰った遠藤先生。さすがです。笑)
とりあえず、白焼きにはベネンシアールしたほうが良さそうです、かね?
結論づける前に、同じ白焼きに、せっかくだから山椒をかけて再度試してみました。(食べかけの美しくない絵ですみません)
DSC_0831
あら不思議、山椒をかけると、ベネンシアールをしていないシェリーで、先程よりもう少しボリュームの有るもののほうが美味しく感じるようになりました。山椒のスパイシーさが釣り合うんでしょうか。先ほど美味しく感じたものだと、ちょっと物足りなく感じます。面白い!
【白焼きにわさび醤油+山椒】
●遠藤先生→ベネンシアール無しのオロロソが一番良い
●馬場先生→ベネンシアール無しのアモンが一番良い
●三人共通→「ベネンシアール無しのアモンだと白焼きにすごい甘みが出る」
さてさて、来ました!特上鰻重!

DSC_0832

くぅ〜いい香り。。。
まずは山椒なしから検証です。
もうこれは三人で満場一致!
【鰻重・山椒なし】
●ベネンシアール有りのオロロソ最高!
次点でベネンシアール無しのフィノでした。(邪魔しない感じ)
続いて山椒をかけてみたら。。。
【鰻重・山椒あり】
●遠藤先生→ベネンシアール有りのオロロソが一番良い
●馬場先生・神谷→ベネンシアール無しのアモンが一番良い(スパイシーさが引き立つ)
全体的に、アモンがもうちょっと安いやつだと違う結果だったかも、と思いつつ。。。
最後に肝吸い。

DSC_0833

いやもう本当にごめんなさい、これは全滅でした。。。(>_<)
ベネンシアールしてもダメ。。。
次回への課題にしたいと思います。肝吸いに合うシェリー!!
【まとめ】
●とっても美味しかったし、いい経験をさせてもらいました。
●やっぱりタレ系にはオロロソ大活躍。
●いずれにせよ山椒なしならベネンシアールしたほうが良さそう。
●肝吸いに合うシェリー求む。
12/8のすっぽんとシェリーの会に向けても、只今すっぽん椀に合うシェリーに悩んでいます。

https://www.facebook.com/events/794497563940050/

どきどきわくわくしつつ、頑張ります!
※基本的に鰻禅は持ち込みダメだそうです。改めまして、わがままを聞いてくださった鰻禅様、改めまして本当にどうもありがとうございましたo(_ _*)o
今回は、アモンティリャードが良すぎたりとか、鰻禅はふわっと系だけどそうじゃない鰻だったらどうかとか、色々あると思うので、シェリーや鰻屋さんを変えて、また是非「鰻とシェリー」やってみたいです(*´ω`*)
おまけ:鰻の後、遠藤先生に試させてもらった、リーデルさんのこのグラス。。。なんのためのグラスでしょう♪

ヒント:足の空洞部の液体量は、きっちり◯ccで、グラスを横にしてもこぼれません。
DSC_0837
ではでは、今日も皆様に素敵なことがたくさんありますように。。。乾杯!

 

この記事を書いた人

神谷 葉子
神谷 葉子
JSA認定ソムリエ。
WSET®International Higher Certificate。
2014年最優秀ベネンシアドール。
白金台ステラート、代官山タブローズ シェフソムリエを経て、現在ブラッスリーオザミ・スカイツリー店勤務。
ボルドーワインの騎士、カルヴァドスの騎士、シャトー・パルメの騎士、サーブルドール(シャンパンサーベル)騎士などを叙任しワイン社交界でも活躍。
いつも飛びきりの笑顔で明るく楽しく、お客様とワインへの優しさをモットーにサービスをしている。アルコールには弱いがお酒全般を愛し、日夜探求に余念がない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神谷 葉子

神谷 葉子

JSA認定ソムリエ。
WSET®International Higher Certificate。
2014年最優秀ベネンシアドール。
白金台ステラート、代官山タブローズ シェフソムリエを経て、現在ブラッスリーオザミ・スカイツリー店勤務。
ボルドーワインの騎士、カルヴァドスの騎士、シャトー・パルメの騎士、サーブルドール(シャンパンサーベル)騎士などを叙任しワイン社交界でも活躍。
いつも飛びきりの笑顔で明るく楽しく、お客様とワインへの優しさをモットーにサービスをしている。アルコールには弱いがお酒全般を愛し、日夜探求に余念がない。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る