【簡単100円おつまみ】さっぱりなのにうま味がギュッ!ワインと食べたいトマトの味噌漬け

暑い日に食べたいワインのさっぱりおつまみ トマトの味噌漬け

ワイン×トマト×味噌

トマトの味噌漬け
「味噌漬け」と聞くと「和食」や「日本酒のおつまみ」を想像しませんか?
ところが、トマトを味噌漬けにしてみると…トマトのフルーティさが引き立って、おまけにうま味も凝縮された、ワインによく合う味わい深い一品になるんです。
味噌漬けにすることでトマトの果肉のジューシーさや歯応えもぐぐっとアップ。
作り方も味噌だれに漬けておくだけなので、是非お試しください。

トマトの味噌漬けの作り方

・材料(1人分)
トマト…大ぶりのものなら1個、小ぶりのものなら2個
味噌…大さじ1
水…小さじ1
塩…小さじ1/3
粗挽き黒胡椒、オリーブオイル…適量
・作り方
image002
1.鍋に湯を沸かし、ヘタの反対側に浅く十字に切れ目を入れたトマトをさっとくぐらせ、水で冷やして皮を剥く。(湯剥き)皮が剥けたら2cm程の厚めの輪切りにする。

2.タッパーか深さのある器に味噌、水、塩を入れ、柔らかいペースト状になるようにスプーンでかき混ぜる。
image003
3.輪切りにしたトマトを、ペースト状にした味噌と絡ませる。
image005
4.味噌がトマト全体に万遍なく絡んだら、トマトの果肉が潰れない程度の重石をして、冷蔵庫で冷やしながら1時間以上置く。

5.しばらく置くとトマトから水分が染み出てくる。染み出た水分は捨てて、トマトを皿に盛り付ける。好みで粗挽き黒胡椒とオリーブオイルをかけて完成。
トマトの味噌漬け
味噌に加える塩を少し多めにすると、冷蔵庫で2日程日持ちするようになります。上記はマリネ風に仕上げるレシピですが、味噌で漬けた後にバターで表面をこんがり焼いてソテー風にすると香ばしく濃厚な、マリネ風とはまた違った味わいが楽しめます。



トマトの味噌漬けに合うワイン

同じ発酵食品同士であるワインと味噌は相性バツグン。
比較的どんな白ワインにも合わせやすいおつまみですが、和の食材である味噌は日本のワインと合わせるとさらにお互いの香りが引き立ちます。

ぜひ、きりっと冷した甲州ワインと合わせて飲んでみてくださいね。


No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ソムリエノート

ソムリエノート

ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る