イタリア観光とワイン

イタリア渡航ワイン日記vol.5
2日目はローマの名所巡りです!
朝食
毎朝の様に朝食をシッカリ食べ、置いてあるスプマンテは遠慮なくポンっ!と勝手に開け、がぶ飲み(^_^)v
いざローマ軍の出陣!
image2 (1)

初めてのバチカン市国!日曜日だけあって、世界各地から敬虔なクリスチャンの方々集まっておられました!

サン ピエトロ大聖堂を遠くから眺め、お次はコンスタンティヌスの凱旋門!
凱旋門

そして何と言っても、コロッセオ^ ^

コロッセオ

それにしても人間が!人力で!よくもまぁ~、こんな巨大な建造物を造ったものです!(◎_◎;)

こちらも人気スポットで、かなりの行列ぶり!?

image5 (1)

さすがに並んで中には入りませんでしたm(__)m
それに人気スポットとは言え、この場で行われていた剣闘大会やその他で数多くの人が命を落としたのか!?っと考えると、容易に入る気がしませんでした(-。-;

そんな事を思いながら、ローマ市内へ移動!

image6 (1)
丁度お昼時となり、ローマの名店!ラ サクレスティアへ^ ^

素朴な外観だが、歴史のあるリストランテですm(__)m

image7 (1)

やはり満席!
人気店に来たのだから当たり前なのでしょうけど!

席に着くなり、頼みもしてないのに薄生地のピッツァ?といかフォカッチャ!
塩とローズマリー風味とトマトソースのシンプルスタイルだか、ついパクパク食べてしまいます^ ^

お皿が空になると自動的に出てくるので、適当なところでやめないとコレはっかでお腹いっぱいになってしまいます(-。-;

その日作り立てのフレッシュモッツァレラが最高に旨い\(^o^)/

アーティチョークと花ズッキーニのフリットもホッコリして旨しでした^ ^
フォカッチャ

ピッツァは花ズッキーニとアンチョビ、気まぐれ風のいわゆるカプリチョーザ!
一見、雑に見えるが!味は最高ですm(__)m

一緒に飲んだワインはお店のPBのようですが、やっぱりフラスカティじゃないの?
昼からがぶ飲みするには十分です\(^o^)/

食後は日本でも人気のイタリア食材店!イータリーへ^ ^

広い!広すぎる!(◎_◎;)
4階?

とてもイタリア人がやったとは思えないくらい、綺麗にスッキリ陳列してあります!

乾物、塩、スパイス、調味料、スイーツ、ワインは勿論、雑貨や小物、書籍まであり、一日中いても飽きないくらい楽しいです^ ^

特にワイン売り場は充実しています!
っが、当たり前ではありますがイタリアワインしかありませんm(__)m

そう考えると日本は素晴らしい!
世界中のワインが集まるのだから!
改めて日本の良さを実感しましたm(__)m

そんな中見つけてしまった、95年だったか?スピネッタのバルバレスコ!
確か60ユーロくらいだった!(◎_◎;)
日本だと確実に万は超えます!
買って帰るかな?と思いましたが、重くなるのでやめましたm(__)m

面白いのは、壁一面に樽の注ぎ口が設置してあり、日替わりでワインの量り売りをしています!
みんなタンクや瓶を持って来ていたのはその為です!
日本のイータリーにもあるのでしょうか?

一通り買い物した後はホテルに戻り、自由行動\(^o^)/

街をブラブラして、あらゆる所にグイグイ突き進んだ為!何処にいるのか?迷ってしまいました(-。-;
しかし気にせずショッピング!
ワインも気になりますが、革製品や靴にスーツに小物まで、ファッション系もイタリアの魅力ですネ!
お土産と自分用に鞄をgetしました^ ^

何と無く感覚で右や左に進んで行くとホテルの近くまで辿り着きました(^_^)v

あとは最後の晩餐を残すのみ!
名リストランテ!イル マトリチアーノへ^ ^

昼はかなり暑かったが、夜になると涼しく過ごしやすい気温に!
テラス席でのディナーは最高ですネ!

IT系のビシネスマン、富裕な感じのご夫婦、モデルみたいな美女を連れ回す胡散臭いちょいワルオヤジ、絶対マファア?など様々な層のお客さんで満席です^

ローマの名物料理といえばトリッパ!
酸の効いたトマトソースとミントが入るのがローマ風です!

決して濃厚なトマト味ではなく、柔らかく優しい味付けです!
そして、テールの煮込み、またもや花ズッキーニのフリット、更にイタリア来て2回目!旬の白トリュフをたっぷりかけたパスタ!タリオリーニ\(^o^)/

ソロソロ、インポーターさんに怒られそうな空気?

飲んだワインは、まず泡物!ヴァルドのキュヴェ ディ ボイ ヴァルドッビアデーネ、フォンタナカンディタのサンタテレーザ フラスカティ スペリオーレ セッコ、プイアッティ ファン、フォンタナカンディタ クロン!
その土地のワインと料理は良く合う様に出来てますネ^ ^

そして最後の〆もやっぱり食後酒!ホテルの、屋上でローマ街並みを眺めながらの薬草酒!フェルネットブランカで乾杯です\(^o^)/

約10日間弾丸ツアーでしたが、改めてイタリアという国、料理、ワインの楽しさと日本との違いなど勉強になりましたm(__)m

イタリアワインのポイントとイタリアの感想

今回、現地に行って改めて分かったこ事!
1.北と南では気候、葡萄の違いがハッキリしている!
2.時代とともに、醸造も変化している!
3.ヴェルディッキオ種が熟成するとメッチャ旨い!
4.イタリアの料理人に量少な目!は通用しない!
5.重たい料理には、軽いワインの方が絶対合う!
6.本場イタリアは日本の様な濃い味付けではない!シンプル!
7.食後は食後酒を少しでも飲んだ方が持たれない!痩せていた!
8.イタリア人の運転はスピード出し過ぎで怖い!F1レーサー気分!
9.あらゆるショップ!休憩時間多過ぎ!買い物は上手くタイミングをみて!
10.建物など街の造りは素晴らしいが、意外とタバコ吸い殻が多い!笑

くらいでしょうか?

しかし、弾丸でワイナリーを訪問しなかったら、こんなに回れなかった事でしょう!
インポーターさん、ワイナリー関係者さんら、ドライバーさん、宿泊先の方々、そしてスリや置き引きを仕掛けて来なかった悪い人達!

皆さんに感謝致しますm(__)m

また良い旅できる事を楽しみに、ワインの世界で頑張りますm(__)m

おわり!
久保井 剛

次回、イタリアであんなに飲んで食べたのに何故太らなかったのか?必ずやっていた事!をUP致します!

この記事を書いた人

久保井 剛
久保井 剛
ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

久保井 剛

久保井 剛

ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る