明野のミサワワイナリーを訪問

明野のミサワワイナリーに初訪問

早稲田大学オープンカレッジ・日本ワインの講座の遠足で、明野のミサワワイナリーへ行ってきました。

勝沼のグレイスは昔の職場の一同で行ったことがあるのですが、明野のほうは初めてです。
畑、見事ですね!

カベルネソーヴィニヨンとメルロの開花時期の違い

ちょうど開花している時期じゃないですか。カベルネ・ソーヴィニヨンはまだ蕾と半々くらい、メルロはもう満開でそろそろめしべの根本が膨らみかけているものもあって、生育の早さの違いを目で見て感じることが出来ました。

葡萄の搾りかすを食べて育つ牛も

中央葡萄酒さんの葡萄の搾りかすを食べて育った牛をお料理に使わせてもらったり、剪定研修等に行かせてもらったり、「樽甲州キュヴェオザミ」なんて特別なキュヴェをつくってもらったり等、普段私がお世話になっている職場と中央葡萄酒さんもご縁が深かったりします。とてもお世話になっています^^

ミサワワイナリーの三澤社長のお話

今まで三澤社長に何度かお会いしたことがあるのですが、たまたま、いずれもびしっとスーツ姿でパーティーやワイン会でご挨拶されている時だったので、ワイナリーで熱く説明してくださる三澤さんを、また改めて素敵に思いました。(ワインにも、三澤さんや彩奈さんの真面目なお人柄が現れていますよね!)

日本のワイン、これからもっともっと楽しみですよね(*´ω`*)

今日も皆様に素敵なことがありますように。。。乾杯!
GRACE WINE

山梨県北杜市明野町上手11984−1

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

神谷 葉子
神谷 葉子
JSA認定ソムリエ。
WSET®International Higher Certificate。
2014年最優秀ベネンシアドール。
白金台ステラート、代官山タブローズ シェフソムリエを経て、現在ブラッスリーオザミ・スカイツリー店勤務。
ボルドーワインの騎士、カルヴァドスの騎士、シャトー・パルメの騎士、サーブルドール(シャンパンサーベル)騎士などを叙任しワイン社交界でも活躍。
いつも飛びきりの笑顔で明るく楽しく、お客様とワインへの優しさをモットーにサービスをしている。アルコールには弱いがお酒全般を愛し、日夜探求に余念がない。
Tags: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神谷 葉子

神谷 葉子

JSA認定ソムリエ。
WSET®International Higher Certificate。
2014年最優秀ベネンシアドール。
白金台ステラート、代官山タブローズ シェフソムリエを経て、現在ブラッスリーオザミ・スカイツリー店勤務。
ボルドーワインの騎士、カルヴァドスの騎士、シャトー・パルメの騎士、サーブルドール(シャンパンサーベル)騎士などを叙任しワイン社交界でも活躍。
いつも飛びきりの笑顔で明るく楽しく、お客様とワインへの優しさをモットーにサービスをしている。アルコールには弱いがお酒全般を愛し、日夜探求に余念がない。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る