オレンジワイン

オレンジワイン

先日、恵比寿にあるHops125さんで頂いたオレンジワイン。

オレンジのような色をしていますが、オレンジジュースから出来たワイン…ではアリマセン。
オレンジワインは、れっきとした白ワインなのです。

オレンジワインの作り方

オレンジワインはワイン発祥の地と言われるグルジアで用いられていた製法であり通常白ワインではすぐに別々にしてしまう果皮や種を果汁と一緒に醸す、スキンコンタクトと呼ばれる手法で果皮の色を抽出させるせいでこんな色になるそう。

その期間を長くとることで、皮や種の色がついてオレンジ色になるとのことでした。

オレンジワインとロゼワインの違い


うーん、でもそれってロゼワインと何が違うのだろう?!

ピンクになるなら分かるけれど、こんなオレンジ色??!

と思ったら


ロゼワイン=赤ワインの品種を使う

オレンジワイン=白ワインの品種を使う


これもリースリングで作られたオレンジワイン、なんですよね。

白ワイン用の品種を赤ワインのような作り方で作り、しかもわざと酸化させたりしてシェリーの製法のような要素もあるとか。


や、ややこし…。

オレンジワインの味

確かに酸味もしっかりあって味は白ワインらしいのですが、渋みもあるしシェリーと言われたら酸化熟成のニュアンスもある気がする。ビオっぽい感じもするし、ブラインドで飲んだらきっと何が何だか…???と思うような香りがとても複雑でした。(味としては美味しいのよ)

ワインって、視覚から得る情報も大きい飲み物であるせいか白ワインだと思えないような部分もあって。このオレンジワインの不思議な色に惑わされて、なんだか不思議な気分になる1杯でした。

見かけたら、話の種にいかがでしょうか(笑)

HOPS125さんのFacebookはこちら。オレンジワインが入ってたら出てるかも。
(クラフトビールが沢山あるお店ですが、ワインもいいのが揃ってます)

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

上岡史奈
上岡史奈
ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。
Tags: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

上岡史奈

上岡史奈

ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る