クリスマスにオススメのちょっと良いワイン

  • クリスマスにオススメのちょっと良いワイン はコメントを受け付けていません。

cava
クリスマスが近づいてますね。身近な人と、いつもより特別なお店や、家で特別な料理やお酒を楽しまれることでしょう。今回は家飲みで、クリスマスパーティーをするのにオススメな、ちょっと気張ったワインのお話をしたいと思います。

クリスマスといえば…スパークリングワイン

champagne-583410_640

クリスマスといえば、子供の頃から、多くの人が一度は飲んだことのある、シャンパンに見立てたノンアルコールの要は発泡性のジュースですり込まれいるせいか?、やはりスパークリングワインですね。
普段飲みでは、スーパーマーケットに並んでいる泡ものの定番といえばスペイン産の「Cava(カバ)」、千円くらいで真っ黒いボトルに金文字のものがたいていのお店にあり、触れたことのある方は多いと思います。今回は「気張って」ですから、もう少し上等なものとなると、スーパーでは中間があまりなく、いきなり5千円以上のシャンパンになってしまうこともあり、さすがにためらってしまう方もおられるのではないでしょうか。

スーパースーパーマーケット

champagne-924872_640

そこで輸入食材やグロッサリーが並びワインの品揃えもより多い高級スーパーや、SSM(スーパースーパーマーケット)とよばれている大型スーパーに出かけてみては如何でしょうか?
品揃えの良い売り場に行けばスパークリングワインも様々な価格帯のものが並んでいます。そこで普段飲みの倍以上、二千円台のカバを買ってみて下さい。ワインの品質は価格である程度担保されますので非日常感を味わえるかと思います。含み香や味わいの濃さ・余韻の長さが楽しめます。この価格帯のスパークリングワインは色々な生産地ものがありますが、カバと名がついたものは全て一本一本瓶で、炭酸ガスを溶け込ませるための発酵を行ったもの。そのため泡持ちも良く、きめ細やかに泡が立ち上りものが多いです。タテ長の「フルート」と呼んでいるグラスもご用意して見た目も楽しんで下さい。

瓶内二次発酵のスパークリングワイン

new-years-eve-951750_640

そしてカバやシャンパンも含めて、瓶内二次発酵させて寝かせたタイプのものは、その特性から、他のワインでは合わせにくいような食材・料理にも比較的平気な包容力があるワイン。沢山の料理が並ぶグループでの会にはうってつけでしょう。

ケーキとの合わせ方

cake-85150_640
多くのカバは「Brut(ブリュット)」とラベルのどこかに表記された辛目な味わいですが、「Seco(セコ)」と表記された甘口タイプも並んでいるかと思います。(さらに甘いのが「Dulce(デュルセ)」)シンプルな苺と生クリームにサンタが乗ったクリスマスケーキだったら、辛口と甘口二つのカバを並べます。
苺だけを頬張ってすぐ辛口タイプを口に流すと面白いですよ。そしてケーキ自体は甘口タイプで、二つの相性マリアージュを楽しんでみては如何でしょうか?

家でのワインの選び方

champagne-924872_640

このたび12月8日予定で拙著第二弾が刊行されることになりました。
第一弾がどちらかというと外飲みでの「ワインの頼み方」を記したに対し、第二弾は家飲みで自力で販売員のいない売り場、スーパーに並んでいるワインをどう飲んでいけば良いかの、「ワインの触れ方・触り方」を記したつもりです。第一弾よりもっとより多くの皆様に読んで頂けるよう表現に注力したつもりです。どうぞよろしくお願い致します。

 

この記事を書いた人

伊藤博之
伊藤博之
素材メーカー(人工サファイア)の技術者時代に仏出張でワインに目覚め、皆にもっともっと飲んで貰いたいで、銀座で「わいん厨房たるたる」を始めて14年目になる、店主の伊藤博之です。沢山の試飲(2014年は13050回)から選んだワインを皆様に御用意しております。世界各国産の様々な味わいの中から、あなたのお好みのワイン、料理や状況に応じた銘柄をお見立て致します。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

伊藤博之

伊藤博之

素材メーカー(人工サファイア)の技術者時代に仏出張でワインに目覚め、皆にもっともっと飲んで貰いたいで、銀座で「わいん厨房たるたる」を始めて14年目になる、店主の伊藤博之です。沢山の試飲(2014年は13050回)から選んだワインを皆様に御用意しております。世界各国産の様々な味わいの中から、あなたのお好みのワイン、料理や状況に応じた銘柄をお見立て致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る