ポルトガルのワインとチーズ

先日、ポルトガルへ行ってきました。

ポルトガルといえばポートワイン。

ですが、ポルトガルはスティルワイン作りでも長い歴史を持っています。

ポルトガルってどんな国?

DSC_1922
ポルトガルの国土は日本の1/4。人口は1/10くらい。
ヨーロッパで最小のGNPを誇るこの国は現在、PIGSというEU諸国の経済的おちこぼれ4カ国に入っていますが、ポルトガルにはそれに対する焦りとか、巻き返してやろうという気迫みたいなものは感じません。
どこへ行ってもお金の動きがないというか・・・。のんびりしたお国柄です。

しかし、このポルトガルは大航海時代スペインと世界を二分するほどの強大な国家でした。
航海にたけ、多くの探検家を輩出。インドからスパイスを、ブラジルから黄金を持ってきて莫大な財産を築き上げた事は世界史で皆様勉強されたのではないでしょうか?
ちなみに当時のポルトガルとスペインとの間でざっくり世界を半分こしたトルデシーリャス条約によると、日本の四国から東はスペインが。西はポルトガルが貿易権を持っており、私は産まれも育ちもポルトガル派ということになります。

すっかり前置きが長くなりましたが
今回はそんな過去の栄光をすっかり過去のものにしている愛すべきポルトガルで出会ったワインとチーズをご紹介したいと思います。

ポルトガルのチーズ

ポルトガルでは多くのチーズが羊の無殺菌乳から作られています。
羊と山羊を一緒に放牧するため、なんとなく山羊の乳も混ざっているんだとか・・・。
チーズは大抵牛から抽出した凝乳酵素(レンネット)で固めますが、ポルトガルの多くのチーズはそんな動物由来のレンネットではなく、植物性・・・朝鮮あざみの雄しべを使って乳を固めます。

ケージョ フレシュコ

ケージョ フレシュコ

ケージョ フレシュコ

真っ白なフレッシュチーズ。味わいは淡白ですが、ふわっとやさしいミルクの甘みと羊乳ならではのクリーミーなコクがあります。
スーパーでもカップ入りで売ってあり、このチーズとの最初の出会いはヨーグルトと間違えて買ってきたことでした。
MAGROと書いてある脱脂肪のものは正直美味しくないですし、ヨーグルトだと思って口に入れた場合、噴出しそうになることは間違いありません。
スーパーで買うならナチュラルを。
スーパーよりも市場で購入するのが最も美味しくこのチーズに出会う方法だと思います。

・・・そのケージョフレシュコを作る時の副産物ホエーを加熱して作るのが

リケイジャオン

DSC_2071
癖がなく、非常にあっさりしていますが、やはり口の中で広がるミルクの風味が優しく
私はホテルの朝食でトマトと一緒にいただきました。

ケージョ セーラ ダ エストレーラ

ケージョ セーラ ダ エストレーラ

ケージョ セーラ ダ エストレーラ


ポルトガルで最も有名なチーズだそう。私のチーズプロフェッショナルの教本にも赤くぐるぐる丸がつけてあります(なぜつけたのかは忘れました・・・)
チーズの外側を形が崩れないよう包帯で巻いてあり、表皮は金色に近い鮮やかな黄色。
熟成すると中からとろとろになりますので、スプーンですくって食べます。羊乳ならではの濃厚なミルクの風味と、アザミを使っているため後味に少し苦味が残るのが特徴です。

ケージョ アセイダオン

cheese913
こちらも無殺菌羊乳をあざみで固めたチーズ。表皮は金色で独特の香りがあり、塩味も強く昔は壷に乳と塩をいれて暖炉で暖めながらつくったんだとか。
今は工房によって癖が強いものも、マイルドなものもありますが、共通して言えるのが後を引く濃厚な美味しさ。

他にも魅力的なチーズが沢山

その他写真を撮ることを忘れて食べてしまったアゾレス諸島の
ケージョ サンジョルジュは、ポルトガルでは珍しい牛乳製のチーズ。
動物性レンネットを使用して作るので、我々日本人には馴染みやすい味ではないでしょうか。
少しほろほろっとして硬く、かすかにフルーツのような香りもあります。

ポルトガルのこれらのチーズはどれも、へんな言い方をすると田舎っぽくて素朴な味わいです。チーズショップや市場では、
教本にはない、DOPもついてない「小さな羊のチーズ」と名前のついたチーズも多く、その羊乳ミルクのやわらかな甘み、風味は忘れることができません。

この記事を書いた人

伊藤治美
伊藤治美
福岡市のとある会員制レストランに勤務。
ホテルでバーテンダーとして勤務した後ブルゴーニュへ留学。
そこで出会った人達とのご縁をきっかけにして
人とワインを繋げる橋渡しになりたいと日々奮闘中です。

2006年 アリアンスフランセーズブルゴーニュ留学
2006年 JSAソムリエ資格取得
2008年 第一子出産
2010年 第二子出産
2011年 CPAチーズプロフェッショナル資格取得
2012年 JSAシニアソムリエ資格取得
2013年 ベネンシアドールアフィシオナド資格取得
2014年 公式ベネンシアドール資格取得

ソムリエ、チーズプロフェッショナル
ベネンシアドール各試験対策を含む
個人のワインとチーズのサロンNOTESを主宰しています。
NOTES

どうぞよろしくお願いいたします。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

伊藤治美

伊藤治美

福岡市のとある会員制レストランに勤務。
ホテルでバーテンダーとして勤務した後ブルゴーニュへ留学。
そこで出会った人達とのご縁をきっかけにして
人とワインを繋げる橋渡しになりたいと日々奮闘中です。

2006年 アリアンスフランセーズブルゴーニュ留学
2006年 JSAソムリエ資格取得
2008年 第一子出産
2010年 第二子出産
2011年 CPAチーズプロフェッショナル資格取得
2012年 JSAシニアソムリエ資格取得
2013年 ベネンシアドールアフィシオナド資格取得
2014年 公式ベネンシアドール資格取得

ソムリエ、チーズプロフェッショナル
ベネンシアドール各試験対策を含む
個人のワインとチーズのサロンNOTESを主宰しています。
NOTES

どうぞよろしくお願いいたします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る