オーストラリアのワインツーリズム

  • オーストラリアのワインツーリズム はコメントを受け付けていません。

こんにちは!
今回は私がワイナリーで働いていた経験を元にオーストラリアのワインツーリズムをご紹介したいと思います。

【ワイナリーへ訪れる】

皆さん、ワイナリーにはよく行きますか?
日常ワインをよく飲んでいる愛好家でも、日常的にワイナリーを訪れている方は少ないのではないでしょうか。(管理人の上岡さんくらい?!)
私自身、最後にワイナリーへ行ったのは1年以上も前になってしまいました。
最近は日本でもワイン観光が随分身近になってきましたが、まだまだ日常的という感覚ではないかなと感じます。
オーストラリアでは「週末時間があるからちょっとワイナリーにでも行くか」という非常に気軽な感覚で、皆さんワイナリーを訪れます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【気軽に行けるワイナリー】

swan valley   Google マップ
私が働いていたワイナリーは、西オーストラリアの州都・パースから車で30分の場所、スワンヴァレーという地区にありました。
大きな観光ワイナリーで、日本の旅行会社と契約していたということもあり、日本人のお客様も多く訪れていました。
写真2

オーストラリアはワインツーリズムに非常に力を入れている国なので、簡単にワイナリーツアーに申し込むことができる上に、ワイナリーも観光客を受け入れる体制ができているので誰でも気軽にワイナリーを訪れることができます。特にスワンヴァレーはシティからの交通の便が良いため、お昼から参加して夕方にはシティに戻れる半日バスツアーがあり、価格も手頃な50ドル前後で参加できます。

【ワイナリーでの見どころ】

ワイナリーに訪れたらまずはワインティスティングです。
オーストラリアではセラードアというティスティングルームがあり、シーズン問わず年中営業しているところが多いです。

写真3

ティスティングが終わったら気に入ったワインを買って帰るのも良いですし、ワイナリーの中を見学したり、付近を散歩してみるのも良いと思います。
使い古された樽や、もうワインには使えない樹齢100年以上の葡萄樹を見ることができたり、運が良ければワインメーカーがトラクターを運転しているのを見ることができたりします。

写真4
樹齢150年の葡萄樹。

【それぞれのワイナリーの魅力】

ワインツーリズムが盛んなオーストラリアは、様々なイベントをワイナリーで行います。神父さんを呼んで結婚式を挙げることもできます。私が働いていたワイナリーでも結婚式はもちろん、結婚式前の「羽目外しパーティ」‘Bachelor party’もよく開催されていました。

写真5

またアーティストを呼んで野外コンサートも行います。有名なところではスティーヴィー・ワンダーやマライヤ・キャリーといったスターも来ていました。約1万人近い観客が訪れるので、その時にワインも数千本が一気に売れます。観客の方々はお酒を飲むため車では来られないので、グループでバスを貸し切ったり、リムジンを利用したりします。オーストラリアはリムジンが意外と安い(らしい)ので5〜6人集まったらリムジンを利用するそうです。

写真6

他に、私が働いていたワイナリーのユニークなものとしては、1日ワインメーカー体験‘winemaker for a day’というプランがあり、ワインの作り方のレクチャーを受けワインのブレンディングを体験できるプランがありました。カベルネ/メルローを自分の好みの比率でブレンドし、作ったワインは瓶詰めして自宅へ持って帰れます。

【ワイナリーで楽しむ真夏のクリスマス】

オーストラリアのワイナリーはクリスマスシーズンの今が一番の繁忙期です。皆さん、クリスマス休暇を取ってのんびりワイナリーに訪れます。気に入ったワインをケースで購入し、長いホリデーをお気に入りのワインでゆっくり楽しみます。日本とは季節が逆なので今の時期から葡萄が熟れ始め、2月から収穫期が始まります。たわわに実った葡萄樹に真夏の太陽が燦々と降り注ぐ中、ワイナリーでは冷たいスパークリングやソービニヨンブランがキンキンに冷やされお客様の到着を待っています。

写真7

簡単でしたがオーストラリアのワインツーリズムについて書かせていただきました。いかがでしたでしょうか?
日本にも素晴らしいワイナリーが沢山ありますので、ぜひ皆さんワイナリーに足を運んでみてください。
ワインがもっと好きになること間違い無し!

この記事を書いた人

宅間綾子
宅間綾子
【資格】JSAソムリエ
ワインが結んでくれたご縁を大切にして、幅広くワイン文化を発信できたらいいなと思って東京飲食ライフという番組を配信しています。どうぞよろしくお願いします。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

宅間綾子

宅間綾子

【資格】JSAソムリエ
ワインが結んでくれたご縁を大切にして、幅広くワイン文化を発信できたらいいなと思って東京飲食ライフという番組を配信しています。どうぞよろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る