さんまとワインのマリアージュ

10660657_622593154521832_1542571531_n

さんまとワインの合わせ方

最近、スーパーの店頭で見かけるようになった秋の味覚の代表格のさんま。
さんまとワインのマリアージュについて書いてみたいと思います。

刺身

脂の乗っているさんまの刺身を、シンプルに醤油に付けて食べる場合。

26401ba836ee370dc4d2411129424ef9_s
合わせるワインを考えてみましょう。
脂肪があって味のボリュームがある程度あるので、 酸の効いた白よりも、ややボリュームがあって酸味と果実味のバランスのよい白。南仏のシャルドネ、カジュアルなチリのシャルドネなど。
醤油を付けるので辛口のボルドーのロゼに合わせてもOK!

塩コショウで味付け、オリーブオイルをかけるカルパッチョ風なら辛口スパークリングに合わせて。

塩焼き

9292d6bdf34f07cabd923bb63b8b6b49_s
刺身より若干味わいのボリュームが弱くなる塩焼きには酸味の強いワインを合わせてみましょう。
ミュスカデ、甲州、ソーヴィニヨンブランなど。
塩焼きにレモン、かぼす、すだちなど柑橘類の果汁をかけるとよりワインとの相性がよくなります。
炭火で焼く場合、いぶった香りがつくので、同じ香りのサンセール、フュメ・ブランと合わせて。

さんまのソテー

家にボリューム・味わいのしっかりしたニューワールドのシャルドネしかないという場合、さんまの切り身に小麦粉をまぶして、バターでソテーしてみる のはいかかでしょうか?タルタルソースを添えてみてもOK。

煮付け、かば焼き

煮付け・かば焼きともに味付けはあまじょっぱい醤油ベース。そのような味付けに合わせるワインは甘さに負けない果実味と優しい渋みを持ったワイン( タンニンが豊富な赤だとさんまがワインに負けて、 生臭く感じられるので)例えば、ピノノワール・メルロなどのやや軽めの赤(カジュアルなニューワールド、南仏のものでOK)との相性がいいと思います 。

秋の味覚のさんま。いろいろ調理法・味付けでいろんなワインとともに楽しめるって素敵ですね。

この記事を書いた人

阿部 聡夫
阿部 聡夫
JSA認定 ワインアドバイザー

某酒類メーカーワイン営業

ワインの素晴らしさを多くの人に伝えたい、体験してもらいたいとをモットーに活動。
プライベートでワイン会・ワインイベントを主催。

下記の3点を軸に記事を書いていこうと思います。
①ソムリエ視点ではなく、ワインアドバイザー(ワイン流通)の視点で
②自身主催のワイン会など、ワインを通じて出会えた、ワインに関わる人・ワインショップ、飲食店の紹介
③「ワインのある豊かな暮らし」をテーマに日常敵にワインを楽しむために実践していること
Tags:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

阿部 聡夫

阿部 聡夫

JSA認定 ワインアドバイザー

某酒類メーカーワイン営業

ワインの素晴らしさを多くの人に伝えたい、体験してもらいたいとをモットーに活動。
プライベートでワイン会・ワインイベントを主催。

下記の3点を軸に記事を書いていこうと思います。
①ソムリエ視点ではなく、ワインアドバイザー(ワイン流通)の視点で
②自身主催のワイン会など、ワインを通じて出会えた、ワインに関わる人・ワインショップ、飲食店の紹介
③「ワインのある豊かな暮らし」をテーマに日常敵にワインを楽しむために実践していること

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る