スーパートスカーナ イル カルボナイオーネ

今日は、思い出のワインの話です。

 
いきなりですが、味って凄く曖昧なものですよね。

味としての味覚的刺激は5つしかなく、甘味・酸味・苦味・塩味・旨味を口腔内の味蕾と云う細胞が基本的な「味」の情報を脳に伝えます。

つまり同じ味なら必ず同じはずですが、実際にはシチュエーションにより大きく変わります。

「飲む相手」「雰囲気」等が風味に与える影響は絶大です。

イタリア修行から帰ったばかりの私が、敬愛するシェフからご馳走になったワインは正にその代表例。

当時にタイムスリップできる特別な一本となり、今も当店のワインリストに記載されています。

味だけではなく、思い出にもなりうる「幸せの一本」、沢山見つけたいものです!

*トスカーナ州、キャンティクラシコ地区で造られるスーパートスカーナ「イル カルボナイオーネ」
サンジョベーゼの印象を覆す力強さと複雑さを持ち、突き抜ける余韻も圧巻の赤。

What is “taste”? One might ask.
Technically, taste is defined in 5 senses in your mouse such as sweetness, saltiness, sourness, bitterness and umami. Theoretically, “taste” of a same food is the same for anyone. But is it really the same?
There is a hidden 6th sense which is most important and gives most impact to how each of us understands “taste.” It could be environment. It could be whom you have dinner with. It could be your personal memory.

IL Carbonaione is one of the famous Super Toscana wine from Canti Classico Toscana state. Full-bodied rich wine with maximized power of Sangiovese. Very enjoyable afterglow of generous aromas.

My 6th sense to this wine is the personal memory goes with it. This wine was served to me personally by my respected chef right after returning from training in Italy. “Taste” of wine bring me all tough and good memories of those days in Italy. I must include in La Brianza wine list.

Finding special wines satisfying all 6 senses is a long journey, but it sure is a enjoyable one

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

Tags:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る