ソムリエノート 「加東亜希子の‘GOOD SENSE WINE!’」 Vol.30 (掲載開始日 2015.11.14)

< Perrier-Jouët Belle Epoque Edition Automne 2005

(ペリエ ジュエ ベル エポック エディション オータム 2005) >

~ 日本の秋にインスパイアされ生まれたシャンパーニュ ~

1_BELLE EPOQUE_PJ_MOMIJI_VISUAL ONLY

ボトルに描かれたエミール・ガレのアネモネの花が華やかな気分を演出するシャンパーニュ ペリ

エ ジュエ ベル エポックより季節限定キュヴェ 「エディション オータム 2005」が世界に先駆け

日本で発売されました。

現在の最高醸造責任者 エルヴェ・デシャン氏が日本を訪れた際、秋の美しさに感銘を受け、表

現したロゼ・シャンパーニュであるエディション オータムは、通常のロゼより強い色目が特徴で

す。日本の秋の色彩といえば、木々が燃ゆる赤、輝く黄色、つやめく橙、小豆がかった茶色・・・そ

んな色彩を表現したのでしょうか。とてもロマンティックなシャンパーニュといえるでしょう。

このシャンパーニュの発売に際し、エルヴェ・デシャン氏はこのようにコメントをしております。

「2005年は、例年より寒い冬、暖かい春、涼しい夏、そして、太陽に恵まれた秋とコントラストが

豊かな年でした。そのため、さまざまな表情を持つ日本の秋そのもののような年のぶどうを使用

し、秋の魅惑と生命力を凝縮したキュヴェを作りました。」

エルヴェ氏をお迎えしたお披露目パーティが行われ、会場となった八芳園では美しい紅葉をふん

だんに使った演出がされていました。

セパージュは、シャルドネ45%、ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ5%。

通常のロゼと比べ、セパージュの比率は同じですが、加えている赤ワインの比率が高いため、よ

り豊かな色彩となり、またそのぶんドザージュも多めに加えているとのことでした。

 

大切な人をお招きする秋のおもてなしの食卓の主役にしたいエディション オータム 2005。ボトル

ネックとミュズレのデザインも、深く染まったもみじの葉の色のような深みのあるガーネット色を使

用しています。テーブルクロスやナプキンなどのリネンや、キャンドルやナプキンリングでこの色を

プラスして、ボトルとの統一感を持たせるとコーディネートの完成度がぐっと上がります。また、ネ

ームカードなどに紅葉した葉を一葉添えてみるのはいかがでしょう。ぐっと秋の気分が深まります

よ。

オータムエディション

<Perrier-Jouët Belle Epoque Edition Automne 2005>

(ペリエ ジュエ ベル エポック エディション オータム 2005) >

ギフトボックス入り 希望小売価格:50,000 円(税別)

商品についてのお問い合わせ先: ペルノ・リカール・ジャパン

TEL:03-5802-2671

http://www.perrier-jouet.com/

この記事を書いた人

加東亜希子
加東亜希子
●食空間プロデューサー。日本ソムリエ協会ワインエキスパート。サーブルドール騎士団オフィシエ・サブラー。コマンドリー・ド・ボルドー。
自身のライフスタイルセンスを生かし、女性誌公式ブログも執筆。共著「ワイン女子 101 人」
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

加東亜希子

加東亜希子

●食空間プロデューサー。日本ソムリエ協会ワインエキスパート。サーブルドール騎士団オフィシエ・サブラー。コマンドリー・ド・ボルドー。
自身のライフスタイルセンスを生かし、女性誌公式ブログも執筆。共著「ワイン女子 101 人」

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る