テイスティングの勉強法2 ソムリエ試験を独学で合格するために

ソムリエ試験、スクールに通う人と独学で受けられる人がいると思います。

私は、独学で合格しました。

 

スクールに通うのは、ワインの味や香りの表現など体系的に教えたもらえたり

価値はいっぱいあると思うのです。(私も行けるなら行きたかった><)

 

しかし、地方でスクールがなかったり当時の私のようにお金がなくてスクールに行けなかったり(涙)

しても独学で合格できるように、勉強のとっかかりになる本をご紹介します。

 

(ワインの初心者にもオススメな本ばかり!)

 

まず、ぶどう品種って何?!

というところからのスタートの方にオススメしたいのが

10299167_630204163741301_8220470992287750495_n

10種のぶどうでわかるワイン。(著者 石田 博)

日本経済出版社 刊

 

リースリングって何?シャルドネ??!というような段階に

品種の特性をつかむにはとてもいい本です。

 

続いて、

1908321_630204177074633_5004098356660893579_n

ワイン テースティングの楽しみ方

(著者 田中 康博)

三水社 刊

この本、分厚すぎないのがいい

んです(笑)だって分厚いと読む気なくすし><という私のようななまけ者には

感覚的に掴みやすいこの本はとっかかりとして良かったです。

 

蛍光ペンで書きまくりました(笑)

1506601_630204180407966_8109127580314572690_n

解説も、初心者にも分かりやすい表現が多くて重宝した一冊です。

10003068_630207917074259_1916229856517433455_n

そして、ちょっと上級編、

10247365_630204167074634_8407922966464357271_n

ワイン テイスティング

(著者 佐藤 陽一)

株式会社ミュゼ刊

この本、3400円とちとお高いですが常に持ち歩いてました。

何がいい、ってこのチャートです。

10288798_630204170407967_7495635262158222560_n

 

これを見て、瞬時に判断する練習をワインを飲むたびに続ける

ことが大事。

あと、聞いた話では嗅覚が最高に集中できるのは10分くらい

だそうなので、ダラダラやるのではなく短時間に集中してやることや、休憩を挟みながらやることも

大事だそうです。

10252144_630207920407592_8742713748103943448_n

まとめると、、、やはり書店で手にとって相性のいい本を見つける事!

(私はネットでワイン本頼んで失敗したこと多数です><)

あまり難しいと読む読む気がなくなるので、簡単すぎるかな?っていうくらいの本から

入った方が挫折しません。今日はこの3冊をオススメしましたが

またまた長くなりましたので、次回に続きます♪

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

上岡史奈
上岡史奈

ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。


六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。

最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。


No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

上岡史奈

上岡史奈

ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る