5分で出来る!ピノノワールに合うピーマンの塩昆布炒め

ピノノワールの出汁っぽさって和食と合う定番だと思うのですが

冷蔵庫であまりがちなピーマンと、日持ちのする塩昆布を使って

炒めたものを合わせてみたら、やはり味の方向性が似ててバッチリ美味しかったです!

 

材料

ピーマン

塩昆布 のみ!

 

ピーマンを炒めて、塩昆布を入れて火を止めるだけ!

 

これは、某日本酒専門店でピーマンの出汁醤油煮込みを頂いたときに思いついたもの。

 

そのままワインと合わせるよりは、水分が少ない方がおつまみにはいい気がして

アレンジしてみましたが予想通りピノにはよく合いました。

 

 

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

上岡史奈
上岡史奈
ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。
No tags for this post.

この記事の著者

上岡史奈

上岡史奈

ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る