シャンパーニュと桃の日々。

自慢ではないですが、わたし、料理はしません。
言い訳させて下さい。「できない」のではなく、「しない」んです。

我が家のワインセラーは30本入だけども、アメーバより早いスピードで増殖中。
あっという間に定員オーバーになり、冷蔵庫へと進出。依然、勢力を増しています。

こんな有様。

photo1

冷蔵庫がクーラー代わりになっているため、もはや食材の入る余地がないんです。

でも、ワインを愛する者としては、料理も覚えたいし、料理をする心の余裕が欲しい。
忙しい平日などは、気張った料理でなく、簡単なものでいいんです。
「あっ、茄子が余っているから、焼き茄子を作ろう。」といって、ぱぱっと一品作る。
「焼き茄子の苦みには、甲州が合うよね〜」といって、手持ちのワインの中から料理に合うものを選ぶ。
そしてそれを喜んで食べてくれる人がいれば、言う事なしです。理想の日常です。

**

料理しない人アピールをしたところですが、先日久々に作ったのが、「桃と水茄子のカプレーゼ」。
photo2

今の時期が旬の桃と水茄子を使って、5分でできるシャンパーニュにぴったりのオシャレ前菜です。

作り方は以下の通り。

1.水茄子は食べたいだけ適当に切り、塩水につけます。
2.桃は食べたいだけ適当に切ります。
3.モッツァレラチーズは食べたいだけ適当に切ります。
4.適当に並べ、塩こしょう、オリーヴオイルをタップリ。バジルをちぎってのせます。
お好みでパルミジャーノをたっぷり振りかけて、どうぞ。

以上.ずぼらな性格が丸出しの適当すぎるレシピですが、拘りたいのが、塩とオリーヴオイル。

塩はカマルグの塩。オリーヴオイルは、カサス・デ・ウアルドのアルベキーナを使っています。

本当に美味しい塩やオリーヴオイルは、それだけでワインが飲めちゃうくらい美味しいんですよね。
(これぞ究極の飲んべえ!)

ちなみに今回使用したモッツァレラ麻布十番のBon repasで購入。
Bon repasはチーズが豊富で、賞味期限間近の商品を破格の値段で売っていることもあり、よく行きます。おすすめです。

photo3

5分でできる超級簡単「桃と水茄子のカプレーゼ」。見栄えよく盛りつければ、パーティーシーンにもぴったり。
私は馬鹿の一つ覚えのように、こればかり作っています。

photo4

シャンパーニュと一緒に、是非お試しあれ。

私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

青山 葉月
青山 葉月
 雛祭り&マダム・ルロワと同じ3月3日生まれ。鎌倉出身。
麻布十番にあるシャンパン・バー、tiQuoi(チクワ)でソムリエールをしています。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

青山 葉月

青山 葉月

 雛祭り&マダム・ルロワと同じ3月3日生まれ。鎌倉出身。
麻布十番にあるシャンパン・バー、tiQuoi(チクワ)でソムリエールをしています。
 

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る