ワインにハマったきっかけとなった思い出のワイン「DRCエシェゾー」

  • ワインにハマったきっかけとなった思い出のワイン「DRCエシェゾー」 はコメントを受け付けていません。

ワインとの出会い

wineglass-1478747-639x846
今この記事をご覧になっている皆様にもワインに触れるきっかけがあったと思います。

今回は私・鳳堂義人とワインの出会いをご紹介させていただきます。

職業柄、20歳過ぎから様々なお酒を飲む機会がありました。

ですが当時の私はお酒にまだ慣れていないこともあり、お酒に対しての興味も知識も持っていませんでした。

お酒=酔って楽しくなるもの、このぐらいの感覚だったと思います。

『ワインにハマったきっかけと出会い』

ワインと料理

ある時、ワインがメインである食事会に招待される機会がありました。
そこまでワインに興味がなかったぼくは、花より団子で

「美味しい物食べられるみたいだし、行ってみようかな~」と食事の方に興味深々。

ところがそこには、ワインを好きになる”きっかけ”となる出会いがあったのです・・・

DRC『ECHEZEAUX』

エシェゾー

ワインの嗜み方を知らなかった私に衝撃が走りました!

ソムリエの方に勧められたマリアージュを堪能し、初めてワインを美味しいと感じた瞬間。

アンリ4世の名言
『良い食事と良いワイン、そこは地球上の現世の極楽』とは正にこの事!

今思うととても贅沢な体験なのですが、
一気にワインの世界に引き込まれるきっかけになりました。

もっと色々な味を知りたい。色々な知識を身に付けたい!

それが今ソムリエとなった原点です。

『ワインを美味しく飲むために』

ワインと料理
私がよく言うことがあります。

『ワインは何を飲むか?よりもどんなシチュエーションで飲むか?』

ワインほど雰囲気に左右されるお酒も数多くないと感じます。

大人数でのパーティー、家でひとりでまったり、恋人と2人きりで・・・

様々なシチュエーションがありますが、自分が好ましい状況で飲めば味も格段と美味しく感じることでしょう!

そこに知識があれば尚更。

知識が味を変える。これはお酒全般に言えることだと思います。

提供法、グラス選び、マリアージュなども味を引き立てる大事な要素です。

好みのワインがあれば、予め調べて知識を入れておくことも美味しく飲むためのコツですね!

ワインも嗜む方も、そうでない方も、この先素敵なワインとの出会いがありますように・・・!!

この記事を書いた人

鳳堂 義人
鳳堂 義人

鳳堂 義人

平成25年 JSA認定ソムリエ取得


歌舞伎町のヴェルサイユ宮殿

『Smappa Hans Axel von Fersen』に勤務しております。


未知のワインとの出会いを楽しみに、日々色々なワインに触れ合っています。


マリアージュ、サービスパフォーマンスも絶賛勉強中!


ここの記事からも多くの知識をいただいております。


今後もよろしくお願いします致します。


No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

鳳堂 義人

鳳堂 義人

鳳堂 義人
平成25年 JSA認定ソムリエ取得

歌舞伎町のヴェルサイユ宮殿
『Smappa Hans Axel von Fersen』に勤務しております。

未知のワインとの出会いを楽しみに、日々色々なワインに触れ合っています。

マリアージュ、サービスパフォーマンスも絶賛勉強中!

ここの記事からも多くの知識をいただいております。

今後もよろしくお願いします致します。

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る