これを守ればワイン通!レストランへワインを持ち込む際のスマートなマナー

ワインを持ち込む際のマナーについて

ルイ ロデレール クリスタル
ワイン愛好家の皆さまは、レストランにワインを持ち込む経験をされたことが有りますか?
私は、そのような時に気を付けていることがあります。

●レストランとの信頼関係を築いていること。

●そのレストランのワインリストにオンリストしているワインは持ち込まないこと。

その上で、事前に承諾を得て前日位に届くように送るか、届けるかしておきます。

●お店でもワインを注文したり、ソムリエの方やシェフにも少し残しておく心使いは尚良いと思います。

●会計は、カードではなく現金ですることも心がけています。

持ち込みワインの楽しみ

事前に持ち込むワインをお伝えして、お料理もそれに合わせてお願いしたり、出す順番をソムリエの方やシェフと話をするのも楽しみの一つです。
素晴らしいレストランで、素晴らしいサービスを受けるに相応しい自分で在りたいと思っています。
皆さまもそうではありませんか?

宜しければ、ご参考になさってみて下さい。

ワインとパン

管理人より、飲食店目線で補足しました。

飲食店の立場でこのマナーの意味を補足しますと…

●レストランとの信頼関係を築いていること。

→お店のリストのワインと料理は相性を合わせていても、それを知らない初めてのお客様が持ってきたワインとは料理の相性が合わない場合もあります。それで『マズい』など平気で口コミサイトなどに書くようなお客様も中にはいらっしゃるので、お店としても戦々恐々としてしまいます。また、全く合わないワインを持っていらっしゃるのは料理もワインも、飲む方も皆不幸ではないでしょうか。やはり、持ち込む側もお店の料理や雰囲気、サービスの状況を把握した上で持ち込んだ方が楽しめると思います。

•その上で、事前に承諾を得て前日位に届くように送るか、届けるかしておきます。

→澱を落ち着かせたり、適正な温度に冷やしてもらうために事前に届けておきます。ただ、お店の保管スペースは限られているのであまり早く届きすぎてお店のセラーを占領してわれると…通常営業に支障が出て困ります><

●お店でもワインを注文したり、ソムリエの方やシェフにも少し残しておく心使いは尚良いと思います。

→正直、持ち込みのワインしか頼まれないお客様だとドリンク売上が伸びないので、別に注文も頂けるお客様は『分かってらっしゃるなあ』と思いますしそういうお気遣いができるような方は他の面でもトラブルになりにくいので持ち込みは大歓迎です。また、飲食店のスタッフは正直に申し上げて給料が安いです。自分ではお客様のような高いワインはそうそう買えません。勉強のために好意で残してくださるお客様はワインを勉強しているスタッフにとっては神様のような存在です!)

●会計は、カードではなく現金ですることも心がけています。

→カード払いの手数料はお店の負担であり、カード会社からの入金も先になるので現金払いのお客様が1番助かります。そんなのはお店の都合と言われればそれまでですが、知っていてするのと知らないでするのはまた違うと思うので一応書いてみました。

お互いの理解で、もっと持ち込みも身近に。

このように『マナーを分かってらっしゃる』お客様ばかりだと持ち込みをOKしてくださるお店ももっともっと増えると思います。
飲食店の都合と言われたらあくまでもそうなんですが、お客様とお店、両方が気持ちよく利用できるのが1番ハッピーですよね。

逆に、お店でワインを頼んで飲みきれなかった際に持ち帰ることもできるので、
どちらも知っておくとより楽しめますね。

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

小川 ゆうこ
小川 ゆうこ
ワインエキスパート
ワイン検定認定講師
http://www.colorsdehappy.com/
http://ameblo.jp/colorsdehappy/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

小川 ゆうこ

小川 ゆうこ

ワインエキスパート
ワイン検定認定講師
http://www.colorsdehappy.com/
http://ameblo.jp/colorsdehappy/

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る