第一回ワイン検定シルバークラス

7月13日に、第一回ワイン検定シルバークラスを開催しました。

ワイン検定は日本ソムリエ協会主催、ワインに興味をお持ちの一般の方々向けの検定試験として2012年にはじまりました。これまでは入門編のブロンズクラスのみが開催されていましたが、今回初めてその上のクラスとなるシルバークラスが開催されました。

シルバークラスを受験するには?

シルバークラスの受講者はブロンズクラスの合格者であることが必要です。
実はワイン検定はブロンズクラスとシルバークラスのみでゴールドクラスはありません。
日本ソムリエ協会としては、さらにワインを勉強したい場合はエキスパート試験を受験してね、ということのようです。
そのためでしょうか、ブロンズクラスは初心者向けの基本的な内容なのですが、シルバークラスはワインの生産地を中心に、急に難易度が上がっています。

受講風景

難易度がアップ!

テキストの厚さもブロンズクラスの20ページから、シルバークラスの80ページと一気に4倍に!
正直、私も最初、これは難しいなと思いました。
ワイン検定は、検定当日に講習会を受講し、その後検定試験を受けるという流れになっています。
そこで、今回は急きょサービスで事前講習会を開催することに。

無事に全員合格!

その甲斐あってが、難しい内容だったのにもかかわらず、無事全員が合格することができ本当に嬉しいです。

今後は秋(11月)のブロンズクラス、6月のシルバークラスと試験が開催されていくもようです。
とても分かりやすい内容になっていますので、ワインにご興味をお持ちの方は、ぜひ受講されてくださいね。

ワイン検定のサイトはコチラから

お疲れさまでした…!

シャンパーニュ

試験後はシャンパーニュで乾杯。
さっそく、勉強したばかりのシャンパーニュの品種について、話題が弾んだのでした。

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

小山 久美子
小山 久美子
料理研究家
イタリアソムリエ協会認定ソムリエ
JSA認定ワインエキスパート
CPA認定チーズプロフェッショナル
サーブルドール騎士団 サブラー
南麻布の自宅でイタリア料理とワインの教室を主宰する他、アカデミー・デュ・ヴァンの講師としても活躍中。シャンパーニュとイタリアワインの追及で他の地域のワインを飲むゆとりがないのが悩み。日々、料理とワインのマリアージュを研究しています。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

小山 久美子

小山 久美子

料理研究家
イタリアソムリエ協会認定ソムリエ
JSA認定ワインエキスパート
CPA認定チーズプロフェッショナル
サーブルドール騎士団 サブラー
南麻布の自宅でイタリア料理とワインの教室を主宰する他、アカデミー・デュ・ヴァンの講師としても活躍中。シャンパーニュとイタリアワインの追及で他の地域のワインを飲むゆとりがないのが悩み。日々、料理とワインのマリアージュを研究しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る