敬老の日にオススメのワイン

ソムリエノートご覧の皆様,
始めまして
ソムリエの話飲亭 満昭です。

東証一部上場スーパーマーケットにてワインのバイヤーと販売をしています。
立場上、あまり自由な文章が書けないので今回ペンネームでの参加となりました。
皆様これから宜しくお願い致します。

いろいろ書きたいことはあったのですが
最初のテーマは
「敬老の日とオススメワイン」
1625723_943101819050305_4962467847721090495_n-1
以前働いていたお店では特に敬老の日だからと特別な動きはなかったのですが
こちらのお店では例年良いお肉が売れたりと忙しい日になるのだそうです。

お酒売場では縁起もの銘柄として
「千寿」
「万寿」
といったお酒が人気化するのですが、
ならばワインはどんなものがオススメになるのだろう?

と何気なく考えてみました。

縁起の良いお酒は?

お生まれ年のワインをすすめても良いのですが
あまりに高価だから店としては在庫を持つのに躊躇しがちです。
さらに全ての年代がそろえばいいのですがそうとも行きません。

なにより、コーヒーやビールが始めのうちはおいしく楽しめなかったのと同様に
古いワインの味わいは慣れていないと伝わらない時もあるんです。

シャンパーニュというのがファーストチョイスとなるのですが
それでは面白みに欠けますしどうせなら紅白そろえたい。

何か良い考えはないものかと悩んでいたのですが
良いネタを思いついたので書いてみようとなりました。

ヴィエイユ ヴィーニュ

「VIEILLE VIGNE」
というフランス語があります。
日本語に訳すと
「古い木」という意味です。
フランスワインのラベルを見るとたまに見かける言葉です。

なぜフランス人たちは古い木を詠いたがるのでしょう?

ブドウの木は通常苗木が植えられて3年から5年ほどで果実をつけます。
若いうちは樹勢も強く、病気や害虫にも体勢が高いので比較的手入れも楽です。

20年も過ぎてくると樹勢は弱まっていきます。
カビやキノコ、いろいろな病気にもかかりやすくなりますし、果実は一粒一粒が小さく、収穫量は少なくなります。

大規模に普及品を生産するに当たっては若い木が重宝され、頻繁に植え替えが行われます。

古木が重視されるのは?

ところが高級ワインの生産においては勝手がまったく異なります。
樹勢が落ちた古木からは間引き作業をあまりしなくても
自然に収量が制限され、一粒一粒に詰まった旨味は大きく増すと言われ、
間引きのストレスから開放される分、雑味が減るとされます。

人間でも同様のことがよく起こりますが、
年輪を重ねてこそ出る味わいが高級ワインには不可欠とされているのです。

古木の定義は?

古樹に対する定義は残念ながらありません。
50年くらいしか生きられない品種もあれば100年を超えて現役という品種もあります。
一概に言えないところが商品としての扱いづらさもあるのですが
スーパーマーケットの中のお店なのでスタンダードなものをオススメ品としました。

ギガルのワイン

label_cote-rotie_brune_et_blonde_de_guigal
ギガルは南フランスは1946年創業のローヌ渓谷北部を代表する生産者です。
現在はコートロティ、アンピュイ村にて家族経営を貫いています。
今でこそローヌと言えばフランスを代表する赤ワインの産地として高い認知度を得ていますが
彼らはその礎を築いた一角といっても過言ではありません。

ローヌ渓谷の断崖絶壁に最高といわれる60HAもの畑を所有
著名評論家のロバート・パーカー氏は彼らのワインを深く気に入り
彼から最もたくさんの100点満点を冠された蔵元であり
氏に「この星で最高の蔵元である!」とまで言わせました。

最高の立地の畑にて化学薬品の使用を極限まで減らし
出来る限りの手間をかけて育てられたブドウを丹念に醸造
こうして得られるワインはまさに世界中のファンが捜し求めるものです。
bottle_cote-rotie_brune_et_blonde_de_guigal
彼らのすばらしさはここから始まります。
昔からの契約栽培農家からブドウではなくワインを購入
ブレンド、熟成、瓶詰めをして手軽なワインも生産しています。
持ち込まれるワインは膨大な数に上るのですが
彼らが購入を決意するのは毎年その中から1%程度
厳しい目利きにかなったワインはよその倍の値段で買い取られるそうです。
こうしてあらゆる価格帯で彼らは最高品質のワインを作ります。

今回うちがオススメとして用意したのは一番スタンダードとなるもの。
白は平均樹齢25年のヴィオニエが主体。
赤は平均樹齢35年のシラーが主体。
スタンダードなものにまで再考を求めるためには
年輪を重ねたブドウがなくてはならないものなのです。

いかがでしょう?
敬老の日に古樹から作られるこの星最高の生産者が作ったワインをプレゼントに使うというのは
喜んでもらえるのではないでしょうか?

この記事を書いた人

話飲亭  満昭
話飲亭  満昭
カジュアルイタリアンを経て、某大手インポーター直営ワインショップに8年勤務。現在は東証一部上場スーパーでバイヤーをしてます。職場と離れて自由な発信をしたいため匿名で失礼しております。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

話飲亭  満昭

話飲亭  満昭

カジュアルイタリアンを経て、某大手インポーター直営ワインショップに8年勤務。現在は東証一部上場スーパーでバイヤーをしてます。職場と離れて自由な発信をしたいため匿名で失礼しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る