シャンパーニュの歴史のこと

話飲亭です。

時の経つのは早いもので今年も残りあともう何日かとなりました。シャンパーニュを開ける機会が増える方も多いのではないでしょうか?

今日はシャンパーニュをより美味しく楽しむ話を。

シャンパーニュは今さらですがフランス北部のランス、エペルネ近郊地域で産出される発泡性ワインの産地名称です。ランス大聖堂といえば歴代フランス国王の戴冠式が執り行われた地。フランスの歴史上とても重要な土地で常に戦乱に巻き込まれてきました。

ブドウ栽培が始まったころ、この地のワインはイルドフランス地方のワインと呼ばれパリへの大衆酒の供給を行っていました。シャンパーニュという特定産地名が重要性を持つようになったのは17世紀のことだそうです。それは修道院にスーパースターが現れ、品質向上のために努めたからです。その方の名はドン ペリニョンと言います。

当時この地方のワインは冷涼な気候からある醸造上の問題を抱えていました。寒さゆえにしばし発酵が途中で止まってしまい、春の出荷後に再度望まぬ形で始まってしまい味わいに変調をきたしたのです。酵母による発酵過程がまだ解明されてなかったころでした。

当時フランスの宗教施設はワインづくりに大変熱心でした。ワインづくりこそ最も神聖な仕事と考えられていたからです。キリストの血と考えられていたワインは各種宗教儀式に欠かせないもので、より純粋なもの、庶民が飲むものより品質の高いものが要求されていました。そこで師は修道士として改革を断行したのです。

ただフランスワインと呼ばれていたワインはシャンパーニュとして区別してもらえるようになりました。ブルゴーニュ産ワインとともにフランス王室で供されるものとして競い合う日々が始まります。この当時ボルドーワインは連合王国、オランダ向けの輸出品で、ロマネコンティ落札に失敗したポンパドール夫人がラフィットを持ち込むまで王室が楽しむことはありませんでした。

今日の泡のたつワインは18世紀中盤に登場しました。今の世の中は炭酸飲料であふれていますから珍しくもありませんが炭酸飲料が普及するためにはある工業製品の発明が必要でした。頑丈な容器です。

シャンパーニュのガス圧は5気圧にものぼります。この気圧に耐える容器は当時存在しませんでした。

ガラス瓶とコルクの導入はワインの世界に大きな革命をもたらしましたが、惨劇を招きました。瓶詰めされたシャンパーニュ産ワインはしばし春の訪れとともにセラー内で爆発を起こしたのでした。冷涼さゆえに発酵は相変わらず冬の寒さでいったん停止してしまい、糖と酵母を残したまま瓶詰めされたワインはそのガス圧に耐えられなかったのです。当時シャンパーニュのセラーに立ち入るためには鎧兜が必要でした。いつ爆発するかわからないセラーではその破片により失明を含む大けがが多発していたのです。

時計の針をすすめたのは世界初の発泡性ワイン専門会社が設立され、当時最悪9割が爆発しているという状況にあっても商品化を進め、友人だった皇帝に宮廷への献上を認めさせ、その成功を持って耐圧ビンの開発を加速したからでしょう。

その男の名はジャン クロード モエ。当時の皇帝ナポレオン ボナパルト公に取り入り、今でもスタンダードキュヴェにはブリュット インペリアル=皇帝陛下のお気に入りとでも訳すべき名前で販売されています。

いつも思うことですがシャンパーニュ製造に用いられる瓶内二次発酵という技術はリスキーなことこの上なしなのでは?

通常のワインは醸造、育成、瓶詰めで最終商品として出荷されますが、シャンパーニュは瓶詰め後にもう一度微生物である酵母に商品をゆだね発酵、育成、コルクの打ち直しをして出荷されます。この瓶詰め後の後に酵母を入れるという行為が大胆だと思うのです。もし万が一添加した酵母が予想に反する行動に出た場合には商品は台無しになってしまうのです。

一本一本味見して出荷されるものでもありません。それなのに異臭とかガス圧不足とか発生したなんて話はめったに聞きません。すごいことだと思うのです。

一般に高級ワインの世界ではワインの品質は風土など人類の英知を超えたものからもたらされるとされますがシャンパーニュだけは違います。確かにブドウの品質や貯蔵環境などは自然に大きな影響を受けますが、味わいの決定要因としてブレンド、瓶内二次発酵、育成など醸造家たちの確かな技術なくては実現できないものだと思います。一杯のシャンパーニュの中には人類の英知と人類の英知を超えたものの奏でる見事な芸術があります。ただの炭酸飲料とは全く違う酒だと信じて今日もシャンパーニュを楽しみ、販売しています。

10822580_999729766720843_165083747_n

最後に僕が人生で味わった最も甘美なシャンパーニュを紹介します。

Moet&Chandon Dom Perignon55

色調 濃厚な黄金色。泡はかすかに確認できる

香り ブリオッシュ、アップルパイ

味わい 辛口 酸はしっかり ボディはミディアム アルコールもミディアム 凝縮感も中程度 余韻は長い

品質 バランスは見事。豊かな果実味と溶け込んだ酸、ほどよい泡の感触 余韻も見事で香りで感じたブリオッシュやアップルパイの印象を強く残します。凝縮感は味のインパクトが強いのですが凝縮感に由来するものでなく熟成に由来するものかと思われます。複雑性は想像を絶するものです。なにより超長期熟成由来の甘みは他のお酒では味わえないものです。構成については繊細ながらふくよかでおおらかですし、構造も未だに堅牢です。

 

この記事を書いた人

話飲亭  満昭
話飲亭  満昭
カジュアルイタリアンを経て、某大手インポーター直営ワインショップに8年勤務。現在は東証一部上場スーパーでバイヤーをしてます。職場と離れて自由な発信をしたいため匿名で失礼しております。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

話飲亭  満昭

話飲亭  満昭

カジュアルイタリアンを経て、某大手インポーター直営ワインショップに8年勤務。現在は東証一部上場スーパーでバイヤーをしてます。職場と離れて自由な発信をしたいため匿名で失礼しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る