イタリア渡航ワイン日記vol.3 ヴェローナ~フィレンツェ編!その1

イタリア渡航ワイン日記vol.3
ヴェローナ~フィレンツェ編!

 

ヴェローナの趣ある街並みを後に、向かうはヴェネトの名門ベルターニ社を回りフィレンツェへ^ ^

image1image2

 

午前9時に出発!途中、バスのタイヤがパンクしたりと珍道中の始まりです\(^o^)/

数時間の予定ズレもありつつ辿り着いた先は、名門ベルターニ社!

 

イタリアワインの銘醸地ヴェネト州で高品質なワインを造り続けるベルターニ社!
綺麗!広い!
流石の設備ですm(__)m

工場内に入るなり企業プレゼンからの醸造所巡り!

image5image4

ステンレス発酵槽から大木樽まで様々なタイプ毎に使い分けられています^ ^

ベルターニ社の代表的アイテムでもあるアマローネ用の陰干しされた葡萄も醸造待ち!

image6image8

その昔、フランスはブルゴーニュのワインに影響を受けたベルターニ兄弟の繊細なワイン造りが脈々と受け継がれています!

image7 (1)image16

見学テイスティング後、醸造長のクリスチアーノさんが、ヴゥローナの綺麗な街並みが一望出来る最高のリストランテへご招待して下さいましたm(__)m

image9 (1) image10 (1)

テオドリーコ(テオドリック王の城)というあまり情報のない知る人ぞ知るお店!
ヴァローナ一望!大パノラマすぎる!(◎_◎;)

image11 image12

フレンチスタイルの様なイタリア料理ですm(__)m

イワシのミルフィーユも上品!

魚料理は平目\(^o^)/
スープ仕立てでフンギ(キノコ)とセージが効いてます!

image13 image14

メインは乳飲み子豚の頬肉を低温で火を通し、豚膝骨にリパッソ(陰干し葡萄)を入れて作ったソース!

ナッツの風味の効いたパンナコッタとベルターニ社のデサートワイン、レチョートが最高でした\(^o^)/

image15 image17

クリスチアーノさんと別れて、いざフィレンツェへ!
後編に続きます。

この記事を書いた人

久保井 剛
久保井 剛
ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

久保井 剛

久保井 剛

ソムリエノートご覧の皆様初めまして!クボイと申します。
以前は都内のフレンチレストラン等でソムリエをしておりました。2005年にシニア資格取得して、現在は郷里である九州に戻り株ダンガミという酒販会社のワイン事業部に在籍しております。九州のうまかもん(旨い物)と相性の良いワインを探求しながら、九州の良い所を綴らせて頂こうと思っております。
九州に足を運ぶ機会がありましたら、お気軽にお声をおかけ下さい!

株ダンガミ
http://www.dangami.biz

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る