奇跡のグラス、樹

奇跡?なんじゃそりゃ?なんて思うと思いますが、
実はワインはグラスに入れてしまった時点で味・性格が決まってしまいます。
( シュヴァリエ講座の太田先生から教えて頂きました。)
つまりは、ブルゴーニュグラスに注いで味が決まってしまったワインを
ボルドーグラスに移しても味や性格はブルゴーニュグラスのまま変わりません。

逆も同じです。

これは、ボトルの中とは別の性格になったものを飲んだり提供している、ということが言えます。

では味や性格が決まる前の状態(グラスに注ぐ前のボトルの中の味わい)はどうなのか?
と言うことに着目して開発されたのが【樹】と言う楕円形のグラスです。

(写真 左が通常の正円のグラス 右が【樹】楕円形のグラス)

銀座エスコフィエの平田社長が考案した理論で、
(お手持ちのグラスでも簡単に体験できます。グラスを斜めに傾け、ワインを注ぎ液体が楕円の状態のまま飲み、次にグラスを立てて液体が円になった状態で飲むと、この理論が実体験できます。)

私もこの理論にどっぷりとハマッてしまい、今ではお店で取り扱いしています。

ワインの本質は、本来食材に対する【柔軟性=オールマイティー性】を持っていて、お食事との相性を選びません。
(この料理には、このワインは合わないな、と感じた時、そのワインをラッパ飲みしてみれば、お分かりになると思います。但し、ワインが健全であるということが、前提条件になると考えています。)

文章だと伝えづらいし、体験するまでは、私も「??」でしたので興味ある方は実際体験してみて下さい。
今までの常識を覆す新たな発見が待っています。体験するともう戻れなくなってしまいますよ。
ウチでも体験できますが、興味ある方は是非、本家本元のエスコフィエさんで体験してみて下さい。
あっ、もちろんお料理も絶品ですよ。
行かれる際は「ソムリエノート見ました」と言って頂くと、楽しいひとときがお過ごしになれると思います。

銀座エスコフィエ http://www.escoffier.co.jp/
樹ホームページ http://www.itsuki-oval.com/index.html

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

鈴木 亮平
鈴木 亮平
中野にある「4 Seasons LDK」のオーナーソムリエの鈴木亮平と申します。
昨年ソムリエ資格を取得したばかりでまだまだ経験は浅いので勉強しながらですが、その分面白い切り口で書けたらいいなぁーと思っております。
皆様と一緒にワインについて勉強できたら嬉しいです!
末永く宜しくお願いします!
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

鈴木 亮平

鈴木 亮平

中野にある「4 Seasons LDK」のオーナーソムリエの鈴木亮平と申します。
昨年ソムリエ資格を取得したばかりでまだまだ経験は浅いので勉強しながらですが、その分面白い切り口で書けたらいいなぁーと思っております。
皆様と一緒にワインについて勉強できたら嬉しいです!
末永く宜しくお願いします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る