ワイン&英語 NO,4

良質なワインとは」の続きと、「あまり好ましくないワインとは」です -神原美穂-

1459342_765916990170017_376411814096250666_n

「良質なワインとは」(1,バランス、2,余韻、3,深み、4,複雑さ)
④複雑さ
単純でシンプルなワインは、飲んで楽しければそれ自体に何の問題もありません。しかし、いつも新鮮な味と今までとは違った印象を与えてくれるワインは、複雑さを持ったワインと考えられ、また一般的には、そうしたワインは質が高いと考えられています。複雑さをもったワインとは、アロマとフレーヴァーが複雑に絡み合っているワインと考える専門家もいますが、一方で複雑さとは、ワインが飲み手に与えるトータルな印象だと考える専門家もいます。

あまり好ましくないワインとは
20年前と比べて、今日では「好ましくないワイン」は、極めて少なくなっています。そうしたワインは、製造プロセスに原因があるわけではなく、ボトルの取り扱いや、保存方法に大きな原因があります。好ましくないワインの例をいくつか上げます。

酸化したワイン
コルクが緩んで酸素がボトル内に入ってしまったり、何らかの理由で高温に長時間さらされたことなどにより、ワインから果実味などの新鮮な風味が失われてしまったワインです。瓶詰めされる段階では良質なワインだった可能性がありますが、酸化したワインは平面的で弱々しい味がするものです。

10891850_765916986836684_2975623948077131589_n

コルク臭のするワイン
ワインのコルク栓は自然の状態で使用されるのではなく、殺菌消毒されて使用されます。なかには殺菌消毒が不十分で、悪性の菌がコルク内に残存してしまうケースもあります。その菌が何らかの原因でボトル内のワインに化学変化をもたらし、湿ったダンボールのような不快な匂いを発生させます。その不快な匂いは、コルクを抜いてからワインが空気に触れて時間が経てば経つほど強くなります。
今日、スクリューキャップがかなり導入されていますが、その背景にはコルクがもつ弱点が考えられます。
それでも、コルクが今でも主流なのはソムリエナイフなどを使い、抜栓するプロセスもワインを味わう一部だと考えられているからです。

最後までお読み頂きありがとうございます。
では次回をお楽しみに☆

 

単語帳

complexity(名詞)複雑さ
there is nothing wrong with~ ~には何の問題もない
wine expert /wine connoisseur ワインの専門家
undesirable(形容詞)好ましくない
oxidized wine酸化したワイン
CF; oxidize(動詞)酸化する izeは他動詞をつくる接尾辞
be exposed to~ ~にさらされる
corky wine コルク臭のするワイン (仏)bouchonee
damp cardboard 湿った段ボール CF; damp(形容詞)湿った、じめじめした
disagreeable(形容詞)嫌な、不愉快な
give out~ ~を発生させる
CF; give out disagreeable order 不快な臭いを発生させる
odor(名詞)不快な臭い

この記事を書いた人

神原美穂
神原美穂
JSA認定 ソムリエ
調理師免許保持
初めまして。都内でソムリエをしております神原美穂と申します。
ソムリエノートにワインで使われる英語表現について、月1回書きたいと考えています。まだまだ稚拙ですがどうぞよろしくお願いします
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神原美穂

神原美穂

JSA認定 ソムリエ
調理師免許保持
初めまして。都内でソムリエをしております神原美穂と申します。
ソムリエノートにワインで使われる英語表現について、月1回書きたいと考えています。まだまだ稚拙ですがどうぞよろしくお願いします

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る