知ってると自慢できるシャンパーニュの豆知識

クリスマスカラーに染まる街。寒い日が続きますが、これからの時期はシャンパーニュやスパークリングワインを飲まれる機会も多くなると思います。クリスマスディナーや新年最初の ワインはシャンパーニュという方も多いのではないでしょうか?

10850347_885240981516312_67807585_n
そんなシャンパーニュやスパークリングの瓶底を見ると、白い線が書かれているのを見たことがありません か?この白い線、『ルミアージュ』という作業を機械 に頼らず、手作業で行っているという証拠となる線なんです。

10850464_885240971516313_554131098_n

ルミアージュとはシャンパーニュやスパークリングを造る過程で、瓶内二次発酵後に残る澱を瓶口に集める 作業ですが、かつてはそれをほとんど手作業で行って いました。ピュピトルという穴の開いた衝立のような 板にボトルを差込み、熟練の職人が瓶を1/8ずつ回 し、澱を瓶口に集めていきます。職人が瓶を回す目印 にしていたのが瓶底の白い線だったんですね。

10859833_885240958182981_1024549004_n

現在ではルミアージュは機械で行われることが多く、 白い線の書かれたボトルを見かける機会が少なくなり ました。ジロパレットやピュピマティックといった機 械が職人に代わりルミアージュ的な仕事をしてくれて いるのです。

10836309_885240964849647_751968763_n

しかし、未だにルミアージュを手作業で行っている生 産者が少ないながらも存在します。機械化することで 味わいに大きな変化をもたらすわけではありません が、ルミアージュという作業にこだわる職人気質な生 産者は個人的についつい応援したくなってしまいま す。

これからシャンパーニュやスパークリングワインを飲 まれるときにこっそり瓶底を確認してみてください。 職人の心意気が味わいに伝わってきそうで、より一層 美味しく感じるかも知れませんよ。

この記事を書いた人

岡田知
岡田知
2001年より京都の老舗ワイン専門店「ワイングロッサリー」の直営ワインバーでシェフソムリエとして12年間勤務
2013年に地元芦屋でワインとチーズの専門店「ル・プティ・コントワール」をオープン。ワインとチーズのすばらしさを
芦屋の地から発信しています。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください
JSA認定シニアソムリエ
WSET®International Higher Certificate
ドイツワインケナー
ル・プティ・コントワール
http://www.le-petit-comptoir.net/
https://www.facebook.com/le.petit.comptoir.ashiya
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田知

岡田知

2001年より京都の老舗ワイン専門店「ワイングロッサリー」の直営ワインバーでシェフソムリエとして12年間勤務
2013年に地元芦屋でワインとチーズの専門店「ル・プティ・コントワール」をオープン。ワインとチーズのすばらしさを
芦屋の地から発信しています。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください
JSA認定シニアソムリエ
WSET®International Higher Certificate
ドイツワインケナー
ル・プティ・コントワール
http://www.le-petit-comptoir.net/
https://www.facebook.com/le.petit.comptoir.ashiya

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る