このワイン腐ってる?と思った時。それはブショネかもしれません。

先日、お店でワインを抜栓した際にブショネに当たりました。
ワイン好きな方ならブショネって聞いたことあると思いますが、
実際に体験した方って少ないのではないでしょうか?

ブショネとは?

今回はブショネについて簡単に説明しますね。
ブショネとはコルクが原因でワインの品質劣化を起こすことです。
簡単に言えば、目に見えないバクテリアなどの臭いがワインに移ることです。
ですので、レストランでソムリエがワインを抜栓した際にコルクをくんくんと嗅ぐのはその為です。
よく、ブショネのワインは100本に1本あるとか、100本に2本あるとも言われますが、
実際には年間に何百本も抜栓して1本出るか出ないかです。
トータルすればもっとあるのでしょうが、若いワインにはまだ香りが移ってないので感じられないこともあると思います。
一般的に市場に出回る物はどうしても若いワインが多いですし、数年の間はコルクの影響を受けにくいと言われています。
※コルク表面に身体に無害な薬品?を塗るらしく、その効果が無くなるまで数年掛かるとも聞いたことがあります。
(コルクの質が良いか悪いかによっても左右されるみたいです。)
11006107_705018729615972_913824669_n
このワイン変だなと思ったら積極的にソムリエに聞いてみてください。それも経験です!
知らないとレストランで「これってブショネじゃないのかな・・・?」と思っても相手がソムリエ(に限らずサービスする方)だから言えないなんてこともあります。
そもそもブショネが出てきた時点で、そのソムリエはブショネを知らないでしょう。
ブショネに関してははっきりと言って交換してもらってもいいのですよ。
(但し、思っていたのと違うから交換して、とかはダメですよ。)

ブショネって分かるの?

実際に、ワインをサービスしている人でもブショネを体験したことない人は【程度の軽い物】は分かりにくいです。
ましてや、お客様から注文が入ったワインのコルクを嗅いで「いつもと違う?」と思ってもホストテイスティングの際にお客様が分からなければそのままです。
コルクを嗅いで「んっ?」と思って、きちんと「テイスティング」してブショネ確認するところまでやって初めてこれが【ブショネ】か!!と理解できると思います。

ブショネのコルクって

では実際にコルクはどうなっていたか?
11022851_705018719615973_1037633052_n
コルクに縦に割れ目が入ってますね。
ここの黒いところはちょっと怪しいですね。
11004127_705018726282639_1671810830_n
ではコルクを割ってみましょう。
このコルクを割ってみると黒いのは割と表面だけです。
10994719_705018722949306_1822187498_n

でもこうなっていてもブショネでもない場合もあるからややこしい。
自分の鼻と舌を鍛えるしかないですね。
科学的に分析して、ここに菌が繁殖してるので原因ですとか知りたいですね。

良いも悪いも体験してから学ぶことが多いなーと未だに思います。
日々勉強ですね。

この記事を書いた人

鈴木 亮平
鈴木 亮平
中野にある「4 Seasons LDK」のオーナーソムリエの鈴木亮平と申します。
昨年ソムリエ資格を取得したばかりでまだまだ経験は浅いので勉強しながらですが、その分面白い切り口で書けたらいいなぁーと思っております。
皆様と一緒にワインについて勉強できたら嬉しいです!
末永く宜しくお願いします!
Tags:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

鈴木 亮平

鈴木 亮平

中野にある「4 Seasons LDK」のオーナーソムリエの鈴木亮平と申します。
昨年ソムリエ資格を取得したばかりでまだまだ経験は浅いので勉強しながらですが、その分面白い切り口で書けたらいいなぁーと思っております。
皆様と一緒にワインについて勉強できたら嬉しいです!
末永く宜しくお願いします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る