ソムリエノート 「加東亜希子の‘GOOD SENSE WINE!’」 Vol.8 (掲載開始日 2014.09.16)

「Deutz Demi-sec NV (ドーツ ドゥミセック)」
~ エレガントな甘さで、秋の訪れを感じるシャンパーニュ ~ドゥーツ

今年の夏は、暑く強いイメージでしたね。早くも秋を感じたい気分になってきました。
今月は、おもてなしやギフトにも最適な「ラベル買い」ワインのなかでも、
「秋を迎えるシャンパーニュ」と題して、初秋にぴったりのシャンパーニュをご紹介いたし
ております。
シャンパーニュの中でも、ドーツは、私の周りにも根強いファンの多いメゾンです。
秋に新宿伊勢丹にて開催される「ノエル・ア・ラ・モード」でも、毎年ドーツのブースは混
雑するほどの人気ぶり。
1838 年にウィリアム・ドゥーツとピエール・ゲルダーマンによって設立されたドゥーツ社は、
シャンパーニュ地方のほぼ真ん中に位するアイ村にあります。

ドーツの NV といえば、「Brut ブリュット」が広く知られていますが、こちらの「Demi-sec(ドゥミセック)」は、日本における販売数は少ないのですが、実は、35 年以上前から販売がさ
れているのです。さらに、本国ではヴィンテージも作られているほどの人気なのです。(現
在は発売中止中。)
シャンパーニュの甘口・辛口というよびかたは、シャンパーニュを澱引きした後、最後の工
程で加えられる甘い「門出のリキュール」の量により、表示法がこまかく定められています。
通常のシャンパーニュに多い Brut は 6~15g/L、Demi-sec は約 33~50g/L となっており、
ドーツのドゥミセックは約 35g/L。ゆえに、日本では「甘口」と呼ばれることが多いのです。

シャンパーニュに必要な3種のぶどうがバランスよく使用されているため、非常にバラン
スの良い仕上がりです。サンザシなどの白い花を思わせる香りと、熟した果物のアロマを合
わせ持ち、口中に広がる甘さは、なんとも優雅な気持ちにさせてくれます。
やはりオススメは、デザートとのマリアージュ。
アフタヌーンティーで頂くような、スイーツプレートと共に、ティーパーティを通して楽し
んだり、ホームパーティでは、お食事の最後のデザートタイムに。リビングルームに移動し
て、ソファでくつろぎながらスイーツとシャンパーニュでちょっと涼しくなった初秋の夜
長をゆっくりと楽しんでみたりしてはいかがでしょうか。

< Deutz Demi-sec NV >
希望小売価 6.500 円(税抜)
主な販売店舗:池袋東武本館、丸広百貨店(川越)、JR 大阪三越伊勢丹 等
商品についてのお問い合わせ先:
株式会社 センチュリートレーディングカンパニー TEL :03-3208-5881

http://ct-c.co.jp

この記事を書いた人

加東亜希子
加東亜希子
●食空間プロデューサー。日本ソムリエ協会ワインエキスパート。サーブルドール騎士団オフィシエ・サブラー。コマンドリー・ド・ボルドー。
自身のライフスタイルセンスを生かし、女性誌公式ブログも執筆。共著「ワイン女子 101 人」
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

加東亜希子

加東亜希子

●食空間プロデューサー。日本ソムリエ協会ワインエキスパート。サーブルドール騎士団オフィシエ・サブラー。コマンドリー・ド・ボルドー。
自身のライフスタイルセンスを生かし、女性誌公式ブログも執筆。共著「ワイン女子 101 人」

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る