五ヶ瀬ワイナリー

五ヶ瀬ワイナリーに行ってきました

10352293_668576183237432_8329343418264596707_n
とっても綺麗な景色に囲まれたワイナリー。ここの五ヶ瀬町のぶどうを使ってワインを作っているそう。
10342834_668576193237431_6250521656107763000_n10568838_668576196570764_2398306561324846235_n
売店と工場、レストランなどがコンパクトにまとまっています。

10458658_668576346570749_3972833435617476189_n

試飲ができる売店が

10547541_668581536570230_1755885716831469671_n
無料で試飲が出来ます。
そんなに種類は多くありませんがブラックオリンピアという葡萄を使ったワインが珍しくて面白かったです。甘口とありましたが、説明にもあるように酸味とのバランスがいいのかお料理にも合わせやすそうでした。
994133_668578379903879_6212597984664302702_n

レストランも併設

雲の上のぶどうというレストランもあり、この日は頂きませんでしたが地元食材を使ったバイキングが人気のようでした。隣には夕日の里物産館という売店もあり、地元のお野菜や工芸品などが売っていました。
高地にあるので、見晴らしが最高。お弁当などを持っていくのも楽しいかもしれませんね。
10527733_668576333237417_2140096983948878291_n

五ヶ瀬ワイナリーの情報

住所〒882-1202 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町桑野内4847−1
電話:0982-73-5477
HP

宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町桑野内4847−1

余談ですが、パワースポットも

10552490_668577133237337_5631363873915243709_n
ちなみに、五ヶ瀬ワイナリーの割と近くに一部の方には有名な弊立神宮という神社があります。
私の知人が何人か絶賛しており、「仕事運が上がった」という噂も。パワースポットと言われる場所は日本を横断する中央構造線という線上にあるそうなのですが、この弊立神宮こそが天孫降臨の地だとかかんとか…。
(こういう話は正解も不正解もないので、パワースポットに興味がある方はご自分で調べてみてください)
夜は怖い感じがする場所でもあるので、早い時間に行くのがオススメ。あと、蚊が多いので虫除け必須です!
奥の方に降りていくと田んぼと祠があるのですが、そこが不思議な空間。
驚くほど巨大なおにやんま(おにやんまって久しぶりに見ました!)が2匹もいて、何だか神秘的でした。
10518696_668577136570670_6072162156470897700_n
パワースポット好きな方は、セットで訪れてみるのもいいかもしれません。
弊立神宮
住所 熊本県上益城郡山都町大野712

余談の余談ですが、近くにランチスポットも

バイキングが好きじゃない、という方向けに近くで検索して見つけたお店もご紹介。
食彩の里 ふしみ
HP
住所 熊本県上益郡山都町柳井原929−1
電話番号0967831720
10557215_668577129904004_4874450968626248688_n
おそばや地元の食材を使ったお総菜が楽しめます。量がとにかく多いので、シェアするのがオススメかもしれません。
田舎のおばあちゃんの家に来たようなほっこりするお座敷でご飯が頂けます。
10411741_668576343237416_8281566320171169562_n
店員のおかあさん達がとっても暖かくて、面白いです。
ここの豆腐の味噌漬けは、セコムの食のお取り寄せにも使われているとか。栗製品なども販売されていて、美味しそうでした♪

ワインの話とはズレちゃいましたが老婆心ながら五ヶ瀬ワイナリーの売店だけだとすぐに見学が終わってしまうので、こちらの2カ所もセットで回るのもいいかもしれません。
ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

上岡史奈
上岡史奈
ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

上岡史奈

上岡史奈

ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る