ソムリエ紹介 福永幹久

はじめまして。
秋葉原で和食とワインをコンセプトにしたお店『葡萄屋』の福永と申します。

福永幹久

http://www.budouya-wine.com/washoku.html

自己紹介代わりに、今回は和食とワインについてお話し致します。

今でこそ、「和食とワイン」の組み合わせは幅広く認知され、多くの方に楽しんでい
ただけていますが、当初は「和食にワインなんて合うの?」と仰られる方や、「和食
には日本酒か焼酎でしょう」とワインをご注文いただけないこともしばしばありまし
た。
私自身もお鮨や懐石をいただくときは、ビールはもちろん、日本酒や焼酎を合わせる
ことが多いです。旬の食材に、その土地の個性が表れた地酒を合わせることはとても
理にかなっていますし、もちろん抜群に合いますよね。

 

葡萄屋の料理は、日本料理をワインに合うようにアレンジしています。

刺身
例えば、旬のお刺身ですが、ワインを合わせるならやはり程よく酸の乗った白ワイン
が良いと思います。ただ、ワイン選びに失敗してしまうと、醤油と白ワインが口の中
で喧嘩を始めてしまいます。
そこで葡萄屋では、刺身に添える大根のツマ代わりに、赤芽、分葱、カイワレ、みょ
うが子、時期によってはトウモロコシなども添えております。
香りのある食材を添えることで、食感にアクセントを加え、さらにワインとの相性を
良くしてくれます。

鴨
また、赤ワインでも表面を軽く炙ったしめ鯖や赤身の鮪や鰹などは、熟成し丸みを帯
びたガメイやピノノワールのブルゴーニュワインとの相性も抜群です。また葡萄屋で
は馬刺しをご提供の際、バルサミコをブレンドした醤油も添えたり、きんぴらにト
リュフを加えたり、どれもワインとのマリアージュを考え工夫し、ご提案させて頂い
ております。

ウナギ

和食は素材の持ち味を引き出し
素材本来の味を楽しむ料理です。

この伝統的な日本料理にひと手間加えるだけで全く新しい料理が生まれますが、その
原点にある美味しさは損なわれることがありません。

ソムリエノートでは、和食とワインというテーマを中心に、ワインの楽しさ、和食の
奥深さなどをご紹介して行きたいと思います。

この記事を書いた人

福永幹久
福永幹久
福永幹久

JSA認定シニアソムリエ

都内ホテルのバーとレストランで実績を積み渡仏。

飲食店立ち上げ数店。ワインとビールをこよなく愛するおじさん。

よろしくお願いいたします。

和食 wine 葡萄屋

HP: http://www.budouya-wine.com/">葡萄屋

他に秋葉原でワインに特化した焼鳥業態、ビストロ業態2店舗運営中。
他の記事もどうぞ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

福永幹久

福永幹久

福永幹久

JSA認定シニアソムリエ

都内ホテルのバーとレストランで実績を積み渡仏。

飲食店立ち上げ数店。ワインとビールをこよなく愛するおじさん。

よろしくお願いいたします。

和食 wine 葡萄屋

HP: http://www.budouya-wine.com/">葡萄屋

他に秋葉原でワインに特化した焼鳥業態、ビストロ業態2店舗運営中。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る