餃子とオススメのスパークリングワイン

餃子とワイン
家のご飯でワインと組み合わせる良さって、その自由な楽しみ方や
気張らない料理と好きなワインを好きなペースで飲めるところにあるんじゃないでしょうか。

今回は、ワインからちょっとズレますがワインに合う餃子を美味しく焼く方法と
スパークリングワインのお話です。

餃子の焼き上がりが不満でした

冷凍のものでも十分美味しい餃子。
家にストックされているという方も多いかもしれませんね。
テフロンやホットプレートで焼くとべちゃっとした感じになったり
鉄のフライパンで焼くとくっついてしまったりと
毎回焼き上がりに微妙に不満があったんですが、、、

林先生の「初耳学」を観てたら

先日、テレビで林先生の「初耳学」を観ていたときにたまたま「南部鉄器」で料理すると物凄く美味しくなる…ということをやっていたんですね。

メカニズムとしては、厚みがあることで材料を入れても温度が下がりにくいこと、
他の鉄器と違って砂を型にして手作りで作るので、表面に細かなザラザラが出来る結果油の馴染みがよくこびりつきにくいこと
などが挙げられていました。

「南部鉄器使うだけでただ餃子焼いても美味しくなる」って言うんですから
気になってその場でポチッと南部鉄器を注文してしまい、、、

南部鉄器のフライパンが来た

IMG_0260
届きました!早速
家で餃子パーティーしたんですが
「お店のより美味しい!!」
「パリパリ感が全然違う!」
焼いてみてビックリ!!大好評だったんです。
南部鉄器で餃子

餃子の仕上がりがお店みたい!

超美味しかったんです!
表面がバリっと、中はしっとり。
まるで美味しいお店のフランスパンのようにもっちり。
表面は気泡が表面に出ているバリッと感のある皮のような焼き具合で
中は柔らかくて、ちょっとこれまで食べていた餃子と別物!

市販の皮で作っても、手作りの皮みたいにカリッ&モッチモチになるんです。

その辺のお店で食べるよりよっぽど美味しいかも?!と思ったほど。
私が買ったのはコレなんですが、普通の鉄のフライパンよりくっつきにくいし
これでお肉やお魚をちょっと焼いて、お塩とオリーブオイルかけて
食べるだけでもワインのおつまみに絶対美味しい!!
いや〜買って良かった!!

何万円もするものではないので、これ1つで
おつまみの味がグンとランクアップするのは嬉しい。
IMG_0264

買って良かった南部鉄器

調理器具が好きで、ついいろいろ揃えてしまうんですが
その中でもこの岩鋳のフライパンの仕上がりは別格。

「あれ?なんか料理上手になったんじゃないの?!」と
思われることまちがいなし、です(笑)
ちなみに、お手入れは普通のフライパンより簡単。
最初の慣らしも、油入れてキャベツの芯をちょっと炒めた程度で
そのあとからすぐにくっつかずに焼けました♪

餃子に合わせるワインは

この日餃子に合わせたのはCAVA(カヴァ)。
スペインのスパークリングワインで、シャンパーニュと同じように
瓶内二次発酵で作られたものです。
泡も荒くないし、上品な美味しさでした。

餃子とスパークリングワインって、絶妙に合うんですよね〜!
外で頂けるお店もありますが、にんにくを気にせずガッツリ食べられるのは
自宅ならでは♪

普通豚肉を使うかと思いますが、今回は牛肉もブレンドすることで
ワインとの相性がさらに良くなった気がしました。

最近美味しかったな〜と思ったCAVAの中でもオススメはコレ、ボヒガス。
ボヒガス

バロークスの缶スパークリングワインも好きです

IMG_3374
あと、ずっとオススメなのはこのバロークスのプレミアムスパークリング。
ちなみに、緑と赤の缶もありますが、金色のじゃない缶はあんまりオススメしません。
このプレミアムのやつはちょっと他のよりお高いのですが、全然美味しさが違うんです。

シャルドネ100%。熟成感のある「濃ゆい」スパークリングで
量も1人で飲むのに程よくて、冷蔵庫に常にストックしてます。
成城石井などでも売ってますよ〜!↓でもこっちの方がだいぶ安かったから貼っときます。


いつも買う成城石井や紀ノ国屋だと1本500円ちょいくらいなので、1本あたり70円くらい安いですね!
今日は仕事頑張ったな〜という日のご褒美に飲んだりしてます。

カヴァに限らずですが、スパークリングワインは
餃子との相性がいいのでぜひ、家でカジュアルに楽しんでくださいね^^

この記事を書いた人

ソムリエノート
ソムリエノート
ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ソムリエノート

ソムリエノート

ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る