ソムリエ試験2016の募集要項

 

ソムリエ資格に関する呼称資格の制度が変わるようですね。ソムリエ協会のHPによると

 

Web

(画像はHPからお借りしました)

主な変更点としては、

・ワインアドバイザーがなくなる

・既存のワインアドバイザー、シニアワインアドバイザーは、

ソムリエ、シニアソムリエに統合。

・ソムリエの受験資格が5年以上の実務経験から3年へ(会員は3年から2年へ)

 

ソムリエ協会の会員になってもならなくても合否には関係ないですが(たぶん)

受験資格が2年で受けれるというなら、会費払う意味を感じますね〜。

 

あれ、シニアソムリエの資格は

■シニアソムリエ•当協会認定のJ.S.A.ソムリエおよびJ.S.A.ワインアドバイザー•ソムリエおよびワインアドバイザー資格認定後3年目を迎える方•以下の職務を通算10 年以上経験し、第一次試験日においても従事している方  ◆アルコール飲料を提供する飲食サービス  ◆ワイン・酒類・飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売、教育機関講師、酒類製造  ◆アルコール飲料を取り扱うコンサルタント業務※雇用体系により従事時間数の規約あり

 

って書いてある。以前は3年以上経過していることが条件だったと思うので、これまた短縮されたんでしょうか。この要項だと、andなのかorなのか条件がよくわからないので、正式な募集要項を待ちたいところです。

 

それにしても…

若くても優秀な方はいらっしゃるので、若くても

受験できるようになったのは朗報ですが、

昔はソムリエ試験もシニアももっと簡単だったと聞きますし、

今はこう受験資格がゆるくなり、、、自分が受けたときは

受験氷河期だったのでしょうか(笑)

 

資格がゆるくなることによって、受験者が増えると

結局倍率が上がるから、同じかもしれませんね。

動向を見守りたいと思います。

この記事を書いた人

ソムリエノート
ソムリエノート
ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ソムリエノート

ソムリエノート

ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る