箱根にあるワイン風呂

ソムリエノートをご覧の皆様、こんにちは!

箱根に「ワイン風呂」なるものがあると聞きまして、これはワイン好きとして行っておかねば!ということで行ってまいりました。

箱根小涌園ユネッサン。

ワイン風呂

大きなワインボトルからお湯が!この写真はある程度空いてから撮らせてもらったのですが、行った瞬間は大混雑中の満員状態で何かと思ったらちょうどイベント時間で、お湯に浸かっている皆様が声を揃えて、

「ワインをちょーだい!ワインをちょーだい!!」。

って夏休みという時節柄か、ワインちょうだいコールをしているお客様の半分以上がお子様なんですけども。ヽ(´ー`)ノ笑

(他にもいろいろなイベント風呂がありましたが緑茶風呂等よりもワイン風呂のほうが、お子様が多かった気がします。やはり「ワイン」ていう響きがなんとなく大人っぽくて良いんでしょうかね。)

そして、ワインをちょーだいコールに応えて、えいやー!!とばかりに、従業員のおにーさんが皆へバケツでワインを掛けるという。。

ちゃんとワインの香りもして、中々いい感じです。

ところで、このお湯に入っているワインは何ですか、と(ちょいと迷惑だろうなと思いつつネタになるかなという下心で思い切って)従業員さんへ伺ってみたところ、

「普通に酒屋に売ってる、なんかイタリアのやつ」

とのことでした。うーん、まあ、そうですよね。。。でも「ワイン風呂入った!なんかイタリアのやつだって、以上!」じゃあまりにも記事としてアレな気がするので、どうしようかなと(´・ω・`)

和食とワイン

ムルソー

そんなこんなで、その夜に飲んだワインと和食のマリアージュで行きます♪
和食

こんな感じの和食のコースに、たまたま目についた、ルイ・ジャドのムルソーと、プス・ドールのブス・ドールで乾杯。(もちろんビールと日本酒も頼んでるんですが、ここはソムリエノートなのでそれは省略。笑)

和食とワインの比較結果

結果・・・今の私ではまだ、しっかり理由がわからないんですけど、意外とブス・ドールのほうが合う(というか生臭みが出ない?)ものが多くて面白かったです。前から好きだけど、やるなあ、刺身にも合うんだなあ、プス・ドールのワイン。

特に、バター白味噌ソースな甘鯛の焼き物と、写真にないけど一番最初の手でつまんで食べるちょっぴり甘めで気軽な鰯の姿焼きは、ムルソーが全然ダメでした。それぞれ単体なら美味しいのに、合わせると思いっきり余韻に魚の生臭みが広がり、ムルソーの樽と酸が浮いてギスギスしました。ブス・ドールはベストマリアージュじゃないけど特にケンカもしない感じで大丈夫。なんででしょう?もし分かる方いらしたらぜひ教えて下さいませm(__)m

そうそう、ブス・ドールと言えば、畑名とドメーヌ名が一緒って、ロマネ・コンティは平気なのに、こちらはダメって言われてプス・ドールからブス・ドールを変えることになった、ということで有名ですよね。そういえば去年の春休みに息子と行ったんですよ、プス・ドール。せっかくだからちょいと見て下さいな♪

プス・ドール
10653955_562899433816405_434636082_n
プスドール
プス ドール10617255_562899640483051_1569719794_n10634208_562899500483065_1475709029_n

プス ドール

プス ドール

プス ドール

プス ドール

10660856_562899660483049_1775727663_n
グラビティ・システムなんですよね。
グラビティシステム

あと、発酵栓も兼ねた自動ウイヤージュ器が、なんだかスライムの軍団みたいで可愛かったです。見た目が可愛いだけじゃなく、吹きこぼれないとか、目減りが一目瞭然とか、補填するときの酸化が極々微量で済むとか、様々な利点があるのだとか。

発酵栓
発酵栓

お犬様も素敵でした♪
神谷葉子
10578958_562899847149697_1322238481_n

箱根も素敵だし、またいつかフランスにも行きたいなと思いつつ・・・(*´ω`*)
今日も皆様素敵なことが沢山ありますように。乾杯!

この記事を書いた人

神谷 葉子
神谷 葉子
JSA認定ソムリエ。
WSET®International Higher Certificate。
2014年最優秀ベネンシアドール。
白金台ステラート、代官山タブローズ シェフソムリエを経て、現在ブラッスリーオザミ・スカイツリー店勤務。
ボルドーワインの騎士、カルヴァドスの騎士、シャトー・パルメの騎士、サーブルドール(シャンパンサーベル)騎士などを叙任しワイン社交界でも活躍。
いつも飛びきりの笑顔で明るく楽しく、お客様とワインへの優しさをモットーにサービスをしている。アルコールには弱いがお酒全般を愛し、日夜探求に余念がない。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神谷 葉子

神谷 葉子

JSA認定ソムリエ。
WSET®International Higher Certificate。
2014年最優秀ベネンシアドール。
白金台ステラート、代官山タブローズ シェフソムリエを経て、現在ブラッスリーオザミ・スカイツリー店勤務。
ボルドーワインの騎士、カルヴァドスの騎士、シャトー・パルメの騎士、サーブルドール(シャンパンサーベル)騎士などを叙任しワイン社交界でも活躍。
いつも飛びきりの笑顔で明るく楽しく、お客様とワインへの優しさをモットーにサービスをしている。アルコールには弱いがお酒全般を愛し、日夜探求に余念がない。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る