ドンナフガータ

桜の季節にぴったりなのがロゼ。
シチリアを代表するワイナリーの一つ、ドンナフガータから、辛口でしっかりとした味わいのロゼワインのご紹介です。

とっても奇麗で透き通った輝きのあるロマンチックなロゼカラー。
エチケットの女性がまとうブーケのようにフローラルな香りと、シチリアらしい若い果実のアロマ。グラスを前に思わず笑みがこぼれてしまいます。

決して甘すぎることのない香りと味わいは、シラーとネロダーヴォラ、ピノ・ネロとタナがブレンドされたセパージュから連想される通りの、しっかりとした輪郭をもった仕上がりです。

ちなみにドンナフガータは、逃げた女という意味ですが、中世のブルボン王妃がこのワイナリーの葡萄畑へ逃げ込んだ物語に由来しているそうです。

桜が散ってしまう前に、ロゼワイン片手にお花見へ行ってみてはいかがでしょうか!

ルベロ
http://ristorantino.jp/

 
ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ソムリエノート

ソムリエノート

ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る