「師走ロゼ 」クリスマスや忘年会にオススメのロゼワイン

12月は、ロゼワインを飲もう!

wine-791133_1280
12月は何かとワインを飲む機会が増えるかと思います。クリスマスや忘年会、ホームパーティーなど、美味しいご馳走と合わせるワイン、何を選ぶか悩む方も多いのでは?無難にシャンパーニュもいいですが……ワタシのオススメはロゼワイン。

12月にロゼワインを推す理由は、

wine-791132_1280
・クリスマスには恋人と甘い空気づくりに
・華やかな見た目が忘年会にピッタリ
・ハッピーな気持ちで新年を迎えよう
・ターキー(というかチキン)に最も合う、お蕎麦にも合う(かも)

と、ペラッペラの雰囲気重視。

ですが、

何より*師走ロゼ*が、*幸せロゼ*に聞こえる/なくもないから

です。

このプロモーションは、イオンと同じく失敗に終わるでしょう。

2010年、イオンは、満月の夜にロゼワイン飲むと恋が成就する *満月ロゼ* (というヨーロッパのジンクス。因みに、南ローヌの作り手さんはこのことをご存知ありませんでした)を仕掛けましたが、残念ながら2016年11月末現在、いまだ根付いていません。

ロゼワインは日本の食卓に合う!

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%a4
日本ではイマイチ人気のないロゼワインですが、実は日本の多彩な食卓にはぴったり。
ワインに詳しくない方にこそ飲んで欲しい、オススメポイントだらけなのです。

ワタシはロゼへの偏愛によって、これから一年にかけて お節ロゼ、バレンタインロゼ、お花見ロゼ、ゴールデンロゼ、梅雨ロゼ、夏ロゼ、シルバーロゼ、ロゼヌーボーと(恵比寿のタイ料理屋から)発信していき、その反応を考察しながら、ロゼワインの定着(もっというと「タイ料理にはロゼワインの定番化」)を祈っていこうと思っています。

タイ料理とロゼワイン

%e3%83%88%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%a4
さて、名刺替わりに「タイ料理×ロゼワイン」の食べ合わせをご紹介。
”トムカーガイ”
レモングラス(=タクライ)、コブミカンの葉(=バイマックルー)、タイのショウガ(=カー)のハービーな酸味が、ココナツミルクと鶏もも肉の旨味にまろやかにマッチする、女性人気No.1 鶏肉のココナツミルクスープです。

”シャトーグランカラモン 2015″
AOP Luberon
クノワーズ、グルナッシュノワール、ムールヴェードル
前出、南ローヌの作り手さん。のワインです。
<あなた>と洒落たネーミング、サーモンピンク色の辛ロゼ。
http://legrandcallamand.com/shop/aop-luberon-rose-vous-2014

トムカーガイを味わったあとに、ロゼワインを流しこむ。
調和された酸味、とめどなく押し寄せるまろやかさの波。に、
思わず声が漏れます。

それでは皆様、バラ色の日々を。ごきげんよう。
 

ガパオ食堂 / 寿司酒場 おもてなし
高橋朋也
OSCOR On s’amuse comme on respire.

青山ガパオ食堂  0337979937
恵比寿ガパオ食堂 0337120222
渋谷ガパオ食堂  0364551817
寿司酒場 おもてなし 青山本店 0367126690

mail: tomoyatakaha@gmail.com

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ソムリエノート

ソムリエノート

ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る