鶏ささみを使ったワインに合う簡単おつまみ〜ささみと夏野菜のプロヴァンス風

鶏と夏野菜のプロヴァンス風の作り方

『材料』
鶏のささみ
にんにく
玉葱
茄子、ズッキーニ、人参
トマト缶
タイム
ブラックオリーブ
オリーブオイル
『作り方』
10417187_665249890230305_1461305172_n
1、鶏ささみは、筋を取って、タイムとオリーブオイルでマリネしておきます。
2、ニンニクは、芽を取って叩きつぶし、玉ねぎはスライス、茄子、ズッキーニ、人参は5ミリ厚さ位に切って、オリーブオイルで炒めます。
10508480_665225016899459_1402705544_n
3、火が通ったらトマト缶、ブラックオリーブと水を足し、塩コショウ、醤油を少し入れて、少し煮込みます。
10456239_665228053565822_1354361121_n
4、マリネした鶏ささみを塩コショウしてソテーし、トマトソースに馴染ませ、盛り付けます。

ワインとの合わせ方

プロヴァンス風の名前の通り、同じ地域のプロヴァンスのワインは勿論ですが、シャプティエやギガルのコートデュローヌ、日本のメルシャンの藍茜なんかも合います。

魚介と合わせても◎

鶏ささみの代わりに、鯵、いわし、スズキなどの魚や、鶏胸肉でもあるもので合わせられます。
10472210_665958516826109_538337903_n-1
こちらはスズキを使ったもの。スズキと合わせるとタイムの香りが爽やかで食欲がない時にも◎
この季節は温かくしても冷たくしてもどちらも美味しいです。
パスタに合わせてももりもりワインが進みますよ。

ソムリエノートでは、書き手を募集しています。
私たちと一緒に、ソムリエノートを盛り上げていきませんか?

この記事を書いた人

三野 由利子
三野 由利子
約10年前に、異業種から飲食業界に飛び込み、女将をやるうち受験してみようっと思い立って、ソムリエールになりました!
銀座の和食屋の女将が教える旬のカンタンおつまみとワインのマリアージュの方法をお届けします。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

三野 由利子

三野 由利子

約10年前に、異業種から飲食業界に飛び込み、女将をやるうち受験してみようっと思い立って、ソムリエールになりました!
銀座の和食屋の女将が教える旬のカンタンおつまみとワインのマリアージュの方法をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る