シェフソムリエの意味とは

シェフソムリエってなあに?

ソムリエの仕事とは

ソムリエの仕事とは


フレンチのお店などでたまに見かける

シェフソムリエ(Chef Sommelier)
メートル・ド・テル(maitre d’hotel)
シェフ・ド・キュイジーヌ(Chef de cuisine)
コミ・ド・キュイジーヌ(Commis de cuisine)
などの用語。

パティシエは有名人も多いのでデザートを専門に作る仕事なんだな〜と
なんとなく皆知っている人も多いかもしれませんが、その他の用語は
これ、何だろうって思ったことはありませんか?

なんとなく気になっても、別にシェフソムリエの意味なんて知らなくても困ることはないですからわざわざ調べないですよね。

ただ、知っておくとちょっとカッコよく見える。
ワイン用語ってそんな性質を持っている気がします。

ブラインドテイスティング

ブラインドテイスティング

特に、ワイン好きならばソムリエの単語に反応しちゃうワケですが、
シェフソムリエ、って

シェフ兼ソムリエで、料理も出来る人だと思ってました!!

シェフソムリエとは・・・

シェフソムリエとは

シェフソムリエとは

ソムリエ資格を持っているシェフのこと、

ではなく、

ソムリエさんが何人かいるお店で、ソムリエのトップであるソムリエのこと。
ソムリエ長、と日本語にすると一番しっくりするかもしれません。

シェフという言葉の響きに、勝手に騙されてしまいそうな単語><
日常生活でそんなに困らないこととはいえ、勘違いして喋っちゃったりした日には恥恥恥。

「シェフ!このお料理うまいね〜!!」
「当職はソムリエでございまして、シェフではございませんので」
「え!だってシェフでソムリエでしょ?!違うの」
みたいな会話をやってしまいかねません、ネ。

知らないって、ちょっと恥ずかしいですよね〜><

シェフソムリエとは

シェフソムリエとは

ちなみに、コミ・ソムリエ((Commis Sommelier))
とはシェフソムリエの下のソムリエのことデス。
見習いソムリエというニュアンスもあったりするので、いちいちコミソムリエと名乗る人はいない気がします。
あまり表立って強調されないせいかさらに目にする機会が少ないのがコミソムリエと
言えるかもしれません。

シェフソムリエという言葉に限らず、
意外とみんな知らない用語もけっこうあるかなあと思うので、またちょくちょく書いていきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ソムリエノート

ソムリエノート

ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る