ワインの『持ち込み』のマナーについて4つのポイント

ワイン好きの皆様は、美味しいお料理とともに『安く、美味しく』ワインを楽しみたいと

思われる方が殆どだと思います。そこでよく話題にあがるのが『ワインの持ち込み』について。

今日は持ち込みについて私の個人的な意見と見解を書いてみようと思います。




お客様側で知っておいた方がいいこと

1、ワインの持ち込みが可能かどうかや料金は事前に確認しておくましょう

2、大量の持ちこみや事前の持ち込みは、お店への負担になることもあるということは理解しておきましょう。

 

1についてですが、お店に持ち込む際は費用がかかることが多いです。

抜栓料という名目だったり、持ち込み料という名目だったり。

ボーペイサージュ 

ボーペイサージュ

お店のメニューにあるワインって、小売り価格よりはどうしても高いのでお得に飲みたいと思う方や

飲みたいワインがないから自分の飲みたいワインをお店に持ち込みをしたいと思う方が多いわけですが、

その分の売り上げが0になるのはお店としては痛手なわけです。

なので、抜栓料や持ち込み料を設定しているお店が多いんですね。

 

抜栓料の相場は1500円〜3000円/本くらいのお店が多いと思います。

中には、抜栓料は無料というお店もありますし(それはその分どこかに上乗せされていたり、常連様で沢山料理や他にお酒を飲んでくれるのが分かってるからOKという場合もあったり事情はそれぞれかと)、一方で

持ち込みNGのお店も多いですが、それもこれもマナーが分かっていないお客側とどう対応していいかわからないお店側

の両方が『持ち込みNGの店が多い』現状を作り出していると思うので今後に期待、でしょうか。。。

 

今後は飲食店側ももっとHPなどに分かりやすく記載をしておく方が親切ではあると思いますけどね。

 

2については、お店のセラーや冷蔵庫って大概そんなにスペースに余裕がありません 😳

また、お高いワインをお預かりして万が一割ったりしたら大変なので気を遣います。

良いワインを扱い慣れていないお店に持ち込む際なら尚更です。

10426728_643147265780324_3330832377109574898_n

せっかくのワインを抜群の状態で味わいたいのはもちろん分かりますが、

数週間前に何本も置いておいてあれこれ指示、当日もグラスを沢山使う、そして、持ち込み料が高いと文句を言う 👿 、さらに、他のお客様に嫌な顔をされたりするくらい大きな声でワインの自慢をする、、、

など、初見の店でそれをやるのはいささか過大なマナー違反かもしれません。

できれば、何度も通ってお互いに信頼関係もできていて、お料理も召し上がって、

ワインの扱いやソムリエの対応にも問題がないかを把握されているお店でされた方がスマートだと思います :-)

 

最後に、『これをやるとスマートです』というマナーについて2点

3、持ち込み以外にもお店のワインも頼んでくださった方がお店は嬉しいです。

4、持ち込みのワインは、お店用に1杯残して帰ると素敵です。

10246556_643146195780431_1978709337095758335_n

売り上げに貢献しなさいよ!ということではなくてですね(笑)。抜栓料だけだとお店としては売り上げが

苦しいのも確かなので、それはもちろん沢山頼んで頂けた方がありがたくはあるのですが。それ以外にも

お店側の立場としては、ちゃんと考えてそのお店の料理にあったワインやお酒を選んでいるはず。

それも試して楽しんでくださるようなお客様はお店側としても嬉しいですよ、というお話です。

 

そして、『1杯残す』についてですが、高いワインや、珍しいワインをお店で開けた時など特に、

1杯分は瓶に残して『良かったら皆さんでどうぞ』と言ってくださるお客様はまさに『神様』です(笑)

 

というのは、ソムリエって、基本的に貧乏、、、(とまでは言い過ぎかもしれませんが、

高いワインをしょっちゅう自腹で飲めるほどの待遇で働ける人はなかなかいませんし、少ない給料の中で

ワイン買っちゃうからお金がない><)です。

10454525_643146199113764_4177030294677822530_n

お客様でいらっしゃる方の方が、経済的に余裕がある分いろいろなワインを飲める機会も多く

ソムリエよりもよほど沢山のワインを飲まれていてお詳しい方も多い。

そういうお客様が良いワインを飲ませてくださったり『ソムリエを育てる』という楽しみも

持ってくださる方がいらっしゃるからこそ、成長できる機会を頂けるのです。

 

もちろん、別にそれを絶対やってください、ということではないのですし

お店ごとの意見はまた別のものもあると思います。

 

ただ、お互いに気持ちよくワインの持ち込みが利用できるともっともっとワインが好きな人が

増えるんじゃないかなと思います。ワインに限らず、『おもてなしの想像力』って大事ですよね。
イラストでよくわかる きれいな食べ方



この記事を書いた人

上岡史奈
上岡史奈
ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

上岡史奈

上岡史奈

ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る