琵琶湖ワイナリー

滋賀県にもワイナリーがあるってご存知でしたか?
琵琶湖ワイナリー
琵琶湖ワイナリーとヒトミワイナリーの2カ所。
どちらも、琵琶湖の南東に位置しています。
10641285_688147007947016_4341559313292876129_n
今回は琵琶湖ワイナリーに行ってきたレポートをご報告。
門の前から広がる葡萄畑。ワイナリーの周囲はぐるりと畑に囲まれていました。
10614158_688146681280382_3995677043253645464_n

昭和24年からあるワイナリーだそう!
10402555_688146684613715_6660484637707621348_n
10606025_688146677947049_3700292787470734779_n
琵琶湖ワイナリーを私が知ったのは、3、4年前に比叡山に観光に行った際にお土産売り場に【琵琶湖ワイン】なる名前のミニチュアボトルがあったのを購入したのがきっかけ。味は正直あまり覚えてません(笑)
10609409_688147077947009_8876927911481971923_n
日本にあるワイナリーのワインは、農家さんから葡萄を買っているケースと自社の葡萄を使っているケースがありますが、どちらがイイ、美味しいというのはまた別のお話。こちらの琵琶湖ワイナリーさんでは自社農園の葡萄を使われているそうです。売店には試飲できるアイテムがあれこれ。
10975_688147011280349_8330037566636275703_n
印象に残ったのは白ワインだとレッドミルレンニューム。
爽やかな酸味と、しっかり強い香り、ちょっとナイアガラなどと似ているようで
酸味の爽やかさが全然違って。甘口ワインが好きな女子なら絶対好きそうな味。
リースリングやセミヨン、シャルドネなども作っているそう。
浅柄野

浅柄野というブランドのワイン、どれも美味しくて何を買うか悩みました。
あと、シャトー・コート・ド・ビワという銘柄。名前からしてそうだろうけど
味の方向性もボルドーっぽく作られていて、日本のワインらしい個性もありつつ
カベルネがいい風味を出していて…。不思議だなあと思ったら、琵琶湖を渡る涼しい風と山に抱かれた地形がヨーロッパの自然に似ていて、欧州系高級種が適しているそうなんですね。昼夜の温暖差が激しくて、日照量も豊富。除草剤を使わない徹底した有機農法で作られているそうです。
10437780_688146671280383_1531796224722922190_n
日本ワインらしくベリーA100%のものも樽あり、なし、どちらも美味しいなあ〜と思ったり。ヤマ・ソーヴィニヨンのも美味しかった…ってどれも美味しいんです(笑)
10009299_688147014613682_6768888646465342970_n
失礼ながらお土産用に売られていたミニチュアボトルよりはちゃんとフルボトルで売っているものの方が圧倒的に美味しかったデス。
ワイン用の葡萄だけではなく、生食用の葡萄も販売されているそうでちょうどたわわに実った葡萄が周囲には沢山!!
10570262_688147087947008_7385766771611268021_n
サニールージュとデラウェアの時期だったので、試食させて頂きつつ購入。
サニールージュ
とても甘くて美味しかったのでお土産にしましたが、友人の子供があっ!という間に一房完食していました。とれたての葡萄はやはり別格ですね。
時期によって収穫の時期は変わそうです。7月後半〜9月くらいまではその時に1番美味しい葡萄があるそうなので、葡萄が食べられる時期に行くのがオススメかもしれません。
10606405_688146594613724_2562542993927683677_n
なんといっても琵琶湖ワイナリーさんで今回一番びっくりしたのはマスカットベリーA。
こちらのマスカットベリーAの大きな樹は、何と半分をジベレリン処理して半分を処理しないでいるそうなんです!!
画像、手前が処理してないもの、奥の色の濃いものが処理してあるものです。
ぶどうのジベレリン処理による違い

※ジベレリン処理とはぶどうの花を植物ホルモンの液につけることによって受粉しなくても実がつくようになる作業です。ジベレリン処理をすると種無しぶどうが出来ます。食用にはいいのですが、ワイン醸造においては種は重要な風味となるので、ワイン用の葡萄はその処理を行わないということです。

こちらがジベレリン処理あり。
10383539_688146597947057_4054610375931401105_n
こちらがジベレリン処理なし。
10590520_688146604613723_8540403089808238903_n
上の画像の食用の種無しを頂いたのでありがたく頂きました!!
デラウエアなどに比べると甘さは劣る感じでした。渋味は強くないけどちょっと酸味が強いというか。
934833_688147081280342_2909571646512530293_n
そして、挿し木したベリーAの若木になっている葡萄もあったので思わず「食べてみていいですか?!」とお願いしてしまいました。酸っぱくて美味しくないと言われたのですが、確かにものすごく酸っぱかった!!
ワイン用に適した葡萄になるためには5年以上かかると聞きますが、若いうちの葡萄と成木との違いがよー分かりました。
葡萄の成長による違い、生食用との違いなどこの時期にしかできない貴重な体験ができて嬉しかったです。
生食用の美味しい葡萄が必ずしもワイン用の葡萄に適さないのって本当に面白いなあと改めて思いました。
1604468_688146601280390_8477966931702132595_n
ぶどうの下でバーベキューもできるそうです。
ワイナリーの方たちもとっても親切で暖かい雰囲気のワイナリーでした。
葡萄がなってる時期にいくのが特にオススメです!

住所 滋賀県栗東市荒張1507-1 
電話番号 077-558-1406
地図

滋賀県栗東市荒張1507-1

え?!こんな何もない場所にあるの?!と若干不安になるくらい目印もありませんが、細い道を進むと工場が見えてくると思います。

この記事を書いた人

上岡史奈
上岡史奈
ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

上岡史奈

上岡史奈

ソムリエノートの管理人の上岡史奈(かみおか ふみな)です。

六本木のバー勤務時にJSAソムリエ資格取得。
最近は日本のワインにハマっていて、日本のワイナリーにあちこち行っています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る