【ワインに合う簡単100円おつまみ】バジルを対象消費できる自家製ジェノベーゼのレシピ

家でバジルが沢山取れたら……ワインに合うジェノベーゼの作り方

spaghetti-2208374_960_720

オシャレな冷製ジェノベーゼのレシピをご紹介

簡単に作れてお家でビストロ気分になれるジェノベーゼ!
バジルを栽培されている方はついつい取れすぎてレシピにこまることもあるのでは?

ペーストにすれば一気に大量消費ができます。暑い時期はワインに合う冷製パスタで楽しみましょう。

冷製ジェノベーゼの材料

カラーピーマン 1個(半分にカットしたものを2色使ってみました)
ベーコン 120g(ハムなどでも)
塩 小さじ1とパスタをゆでる用
オリーブオイル 150ml
バジル 1パック
パルメザンチーズ 大さじ3
ブラックペッパー お好みで
冷製ジェノベーゼ②

①カラーピーマンを細切りにして熱湯でさっと茹で、氷水で冷やして水気をきる。

②ベーコンを細ぎりにして軽く炒める。

冷製ジェノベーゼ③

③オリーブオイル、バジル、塩小さじ1をミキサーにかけてなめらかにする。

冷製ジェノベーゼ④
バジルをたくさん使います!

冷製ジェノベーゼ⑤

④ボールに③とパルメザンチーズを入れて混ぜ合わせ、ジェノベーゼソースを作る。

⑤沸騰したお湯に塩を多めに入れて、パスタを茹でる。
茹で上がったら氷水でさっと冷やして水気をきる。

冷製ジェノベーゼ⑦

⑥ジェノベーゼソースとパスタを混ぜ合わせる。

⑦パスタをお皿に盛り付け、カラーピーマンとベーコンをのせたら完成です!
お好みでブラックペッパーをかけてお召し上がりください。

冷製ジェノベーゼ①

ポーチドエッグをのせて食べるのもお勧めです!
お好きな素材で作ってみてください。
温製でも美味しく召し上がっていただけますよ。

ジェノベーゼに合うワイン

pesto-2152234_960_720
イタリア ジェノヴァの名産、バジルを使ったジェノヴァソース。
合わせるワインはやはり、リグーリアのDOCであるチンクエ・テッレなどの白ワイン……といきたいところですが、スーパーなどではなかなか手にはいらないかもしれません。
チンクエ テッレ ポッサ(ボナニーニ サムエーレ ハイディ) 2014 白 750ml
チンクエ テッレ カンティーナ チンクエ テッレ 2016 白 750ml

家庭で簡単に合わせるなら、辛口の白がおすすめです。

あまりにも有名なこちらのジェノバソースですが、お土産に持ち帰りたいけれど機内には持ち込めなくて断念していた方が多かったそうです。
ところが最近ではジェノヴァ発の飛行機で、空港で買ったものであれば機内に500グラムの1瓶または250グラムのを2瓶まで持ち帰れるようになったというニュースを観ました。機内持ち込みの手荷物だけで旅する人には嬉しい情報ですね。
本場のジェノヴァソース、体験してみたいものです!

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

ソムリエノート

ソムリエノート

ソムリエノートをご覧頂きましてありがとうございます!
現在、ソムリエノートでは書き手を募集しております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る