「加東亜希子の‘GOOD SENSE WINE!’」 Vol.4 (掲載開始日2014.08.12)「Chateau Les Valentines ‘Caprice de Clementine Blanc 2013’ (シャトー レ・ヴァロンティーン カプリース・ド・クレモンティーヌ ブラン)」

「Chateau Les Valentines ‘Caprice de Clementine Blanc 2013’
(シャトー レ・ヴァロンティーン カプリース・ド・クレモンティーヌ ブラン)」
~ テラスでくつろぎながら楽しむ プロヴァンスのさわやかな白ワイン ~

caprice_blanc_加工済

暑い暑い夏がやってきました。
今月はおもてなしやギフトにも最適な「ラベル買い」ワインのなかでも、
特に夏にオススメの白ワインをおすすめいたします。

プロヴァンスといえば、近年特にロゼワインで世界的な注目が集まっており、現在フランスではワイン消費量の30%がロゼというほどのトレンドワインとなっています。

赤、白、ロゼワインのいずれも作ることの出来るプロヴァンス地方において、その南部、ラ・ロンド・レ・モールの町に居を構える生産者 ジル・ポンスは、パリの実業家から一転、1997年にプロヴァンスに移住し醸造家への道を歩み始めました。ドメーヌ名は、息子ヴァロンタン+娘クレモンティーヌの名から、「シャトー・レ・ヴァロンティーン」と付けられました。

40haの畑はビオロジックを採用し、出来るだけ畑の個性を出せるよう、年に数回畑を耕し、また収穫量も抑えているという。
ファーストヴィンテージから15年を経てリリースされた「カプリース・ド・クレモンティーヌ ブラン2013」はロル種とユニ・ブラン種を半々ずつ使用することで表現された、さわやかな柑橘系の香りとミネラル感をバランス良く合わせ持った、軽やかな白ワイン。

ワインクーラーが汗をかくほどしっかりと冷やして、ホームパーティのスターターとしていただくも良し、また軽いアペリティフを合わせていただくも良し。
おすすめのマリアージュは、ブルターニュ産 ラ・ベル・イロワーズ社のオイルサーディン。グリーンペッパーの風味と爽やかさが相まって、ますますワインが進みます!
sardines_green
この週末、夏の夕暮れ時をテラスで涼みながらワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

< シャトー・レ・ヴァロンティーン カプリース・ド・クレモンティーヌ ブラン2013 >
希望小売価2,400円(税抜)
商品についてのお問い合わせ先:株式会社フィラディス 営業部TEL : 045-222-8875

< ラ・ベル・イロワーズ社のオイルサーディン・グリーンペッパー風味 >
WEB SHOP「アクアメール」 http://aquamer.co.jp/SHOP/03-04010.html

この記事を書いた人

加東亜希子
加東亜希子
●食空間プロデューサー。日本ソムリエ協会ワインエキスパート。サーブルドール騎士団オフィシエ・サブラー。コマンドリー・ド・ボルドー。
自身のライフスタイルセンスを生かし、女性誌公式ブログも執筆。共著「ワイン女子 101 人」
Tags:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

加東亜希子

加東亜希子

●食空間プロデューサー。日本ソムリエ協会ワインエキスパート。サーブルドール騎士団オフィシエ・サブラー。コマンドリー・ド・ボルドー。
自身のライフスタイルセンスを生かし、女性誌公式ブログも執筆。共著「ワイン女子 101 人」

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る